ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年3月 > かかりつけの医療機関でもモデルナ社ワクチンの取り扱いを始めます

最終更新日:2022年3月30日

かかりつけの医療機関でもモデルナ社ワクチンの取り扱いを始めます

ここから本文です。

記者資料提供(2022年3月30日)

 神戸市では、新型コロナワクチンの接種にあたって市民に身近で、普段から一人一人の健康状態をよく把握している「かかりつけ医」での接種を推奨しています。
 これまで「かかりつけ医」などの個別接種医療機関では、ファイザー社ワクチンに限って取り扱ってきましたが、今後、国からのファイザー社ワクチンの供給量が減少することが見込まれ、かかりつけ医での予約が取りにくくなる可能性があります。
 このため、できるだけ多くの方にスムーズに接種を受けていただけるよう、「かかりつけ医」などの個別接種医療機関にもモデルナ社ワクチンを提供し、接種に使用していただけるようにします。
 追加接種を終えられていない方については、できるだけ早く接種を受けていただきますようお願いします。

1 モデルナ社ワクチンの取り扱いを始める医療機関 

 市内28医療機関
具体的な医療機関については、市ホームページの個別接種医療機関一覧でご確認いただけます。(令和4年3月31日(木曜))から
新医療機関
※取扱ワクチンを明示しています

2 モデルナ社ワクチンの予約受付開始日

令和4年3月31日(木曜)から
※原則、令和4年4月12日(火曜)以降に接種が受けられるようになります。具体的な接種日については、それぞれの医療機関にお問い合わせください。

3 予約の際の注意事項

  • 個別接種医療機関に予約の申し込みをされる際には、使用されるワクチンの種類を必ず確認してください。
  • 特に、12歳から17歳の方が追加(3回目)接種を受けられる場合、モデルナ社ワクチンは使用できません。(初回(1・2回目)接種では使用できます。)

(参考)年齢ごとに使用できるワクチンについて

年齢

接種回数

使用できるワクチン

5歳~11歳

1回目・2回目

小児用ワクチン

3回目

(接種できない)

12歳~17歳

1回目・2回目

ファイザーまたはモデルナ

3回目

ファイザー

18歳以上

1回目・2回目

ファイザーまたはモデルナまたはアストラゼネカ

3回目

ファイザーまたはモデルナ

 ※「小児用ワクチン」 5歳から11歳用のファイザー社製ワクチン
 「ファイザー」 12歳以上用のファイザー社製ワクチン
 「モデルナ」 12歳以上用のモデルナ社製ワクチン
 「アストラゼネカ」 必要がある場合を除き、18歳以上40歳未満の者に対して行う接種においては使用しないこととされています。

 

(参考)モデルナ社ワクチンの使用を予定している医療機関への指導について

 神戸市では、モデルナ社ワクチンの使用を希望する個別接種医療機関に対して、複数ワクチンを取り扱うことに起因する間違い接種が起きないように次の通り指導し、具体的な取り扱いについて個別に報告を求め確認することとしています。

  1. 複数種類の新型コロナワクチンを混同しないよう、ワクチンごとに接種日時や接種を行う場所(例:部屋)を明確に分けること。
  2. 同一の冷蔵庫・冷凍庫内において複数の新型コロナワクチンを保管する場合には、容器・管理を明確に分けること。
  3. 新型コロナワクチンの管理については、複数人での確認を徹底するとともに、接種関連器具・物品を区分し、責任者・担当者を置くこと。
  4. 予約を受け付ける際に、予約しようとする者に対して使用する予定のワクチンの種類を明示し、接種日までに接種に使用するワクチンの説明書(接種券送付の際に同封)を確認するように案内すること。
  5. 接種当日にも使用するワクチンの種類について、被接種者が事前に分かるように明示すること。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

健康局保健所保健課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館21階 西側フロア