ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年1月 > 余剰ワクチンボランティアの募集について

最終更新日:2022年1月31日

余剰ワクチンボランティアの募集について

ここから本文です。

記者資料提供(令和4年1月26日)

神戸市が設置する多くの集団接種会場では、令和4年2月5日(土)から武田/モデルナ社ワクチンを使用して追加接種を始めます。ほとんどの集団接種会場で追加接種に使用する武田/モデルナ社ワクチンは、1バイアル当たりの採取可能回数が多い(15回以上)ため、ワクチンの余剰が発生しやすい状況です。

このため、神戸市では、会場で余剰するワクチンを無駄なく活用するため、エッセンシャルワーカーを対象に余剰ワクチンボランティアを募集します。(今後、募集する対象を順次拡大し全ての市民から募集する予定です。)

1.対象者

  • 医療従事者(研修含む)
  • 高齢・障害施設等の従事者
  • 保育所、幼稚園、認定こども園などの保育士、教職員の方
  • 児童養護施設等で勤務する方
  • 特別支援学校や小中学校、高等学校などの教職員の方
  • 児童館等の職員の方
  • 高齢者の介護相談窓口等で勤務する方
  • 障害者地域生活支援拠点等で勤務する方
  • 母子保健事業に従事する方
  • 柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の方
  • 理容師、美容師の方
  • 公共交通機関の職員の方
  • 消防団の団員の方

2.対象会場

・神戸市の全ての大規模・集団接種会場(全20会場)

3.応募方法

 ・対象となる企業や職域団体等に個別に案内

※希望する接種日及び接種会場に余剰ワクチンが発生した場合、各会場から応募者に電話をおかけします

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

健康局保健所保健課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館21階 西側フロア