余剰ワクチンボランティア

最終更新日:2022年2月10日

ここから本文です。

余剰ワクチンボランティアとは

余剰ワクチンボランティアとは、各接種会場でワクチンの余剰が生じた場合に、あらかじめ登録(応募)していただいた方に電話連絡し、会場に来ていただき接種していただく制度です。
現在は、3回目接種の方(2回目接種がお済みの方)のみ、対象としています。

対象者

2回目接種から6ヶ月以上が経過している(※1)以下の方が対象です。
・神戸市内に住民票がある18歳以上の方
(初回接種(1回目・2回目)の際の接種券番号が分かる方は、接種券が届いていない場合でも応募・接種できます。)(※2)
・神戸市内に通勤・通学されている18歳以上の方
(応募・接種にはお住まいの自治体が発行した接種券が必要です。)
 
(※1)2回目接種を行った日から6ヶ月後の月に属する同日から接種可能
例:2回目接種日が令和3年8月10日の場合、令和4年2月10日から接種可能
(※2)接種券番号がわからない場合や、2回目の接種日が確認できる証明書類(※3)を提示できない場合は、応募できません。
(※3)2回目の接種日が確認できる証明書類とは、接種済証、接種記録書、接種証明書のいずれか1つです。

対象の接種会場

神戸市の集団接種会場・大規模接種会場(一覧はこちら
※ワクチンの種類は、市役所1号館24階は「ファイザー」、その他の会場は「モデルナ」となります。

応募方法

神戸市ホームページの入力フォーム(外部リンク)から応募を受け付けます。
QR0209
①入力フォームに、氏名、生年月日、2回目接種日、接種券番号、接種希望日、希望接種会場、連絡がつく電話番号、メールアドレスを記入してください。
②必要書類として、下記の写真をアップロードしていただきます。
神戸市民の方:「3回目接種券」または「2回目接種日の証明書類」(接種済証、接種記録書、接種証明書のいずれか)
神戸市民以外の方:お住まいの自治体から届いている3回目接種券
※複数の会場について複数の日程で登録できます。

当日の注意点

  • 会場で余剰ワクチンが発生した場合、登録順にご登録いただいた連絡先に、会場責任者(神戸市職員)から連絡します。(各会場の接種終了時間の概ね30~60分前)
  • 登録者数が余剰ワクチン数を上回った場合など会場にお越しいただく必要がない場合、連絡はしません。
  • 会場から連絡があった場合、30分以内に会場にお越しください。なお、当日の状況により、会場にお越しいただいても接種を受けられない場合があります。予めご了承ください。
  • 会場にお越しになる際は、以下のものをお持ちください。
①接種券(届いている方のみ)※神戸市民以外の方は必ず必要です。
②本人確認書類(全員)
【接種券がない神戸市民の方は以下のものを会場で提示してください。】
  • 新型コロナワクチン接種証明書アプリ(デジタル庁提供)による接種証明書やロット番号シールが貼り付けされた接種済み証・接種記録書など、2回目の接種日時が確認できる証明。
  • 初回接種時の接種券番号が確認できるもの。(スマートフォンに保存した画像データでも可)
 
  • 接種を受けられた場合、既に別日程で接種予約を取っている時は、必ず接種予約をキャンセルしてください。

問い合わせ先

余剰ワクチンボランティアの募集について、ご不明な点がある場合は、神戸市新型コロナワクチン接種コールセンターまでお問い合わせください。

受付時間:8時30分~20時00分(平日)/8時30分~17時30分(土日祝)
電話番号:078-277-3320
耳や言葉の不自由な方の予約に関するご相談はこちらから
pwd-vaccine-kobecity@persol.co.jp
FAX:050-3156-0729
(EメールやFAXでの予約は受け付けておりません)

お問い合わせ先

新型コロナワクチン接種に関するお問い合わせ・ご相談はワクチン相談窓口をご利用ください

このページの作成者

健康局保健所保健課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館21階 西側フロア