ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年1月 > KIITO:夢の家を想像し創造するワークショップ「ユメイエ。」を神戸市立道場小学校で開催します

最終更新日:2022年1月25日

KIITO:夢の家を想像し創造するワークショップ「ユメイエ。」を神戸市立道場小学校で開催します

ここから本文です。

KIITO

記者資料提供(令和4年1月25日)
神戸市の都市戦略「デザイン都市・神戸」の拠点施設である「デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)」では、社会貢献活動の活性化や創造性を育むさまざまな活動に取り組んでいます。この取り組みの⼀環として、次のとおりアウトリーチプログラムを開催いたしますのでご案内いたします。

デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)は、こどもに必要な学びの場、出会いの場を提供する総合的な学びのプラットフォーム「KIITO:300キャンプ」のアウトリーチプログラムとして、ワークショップ「ユメイエ。」を神戸市立道場小学校で実施します。

「ユメイエ。」は、「学ぶ」「つくる」「調べる」「発表する」といった体験を通して、既成概念にとらわれず家はもっと自由なものであるということをこどもたちに伝えるためにスタートしたプログラムです。世界中にあるたくさんのユニークな家について学び、イメージを膨らませて模型づくりに挑戦することで、こどもたちのソウゾウリョク(想像力と創造力)を育みます。

今回は、小学校の「総合的な学習の時間」と連動し、児童が住む道場町でフィールドワークを行い、まちの災害の歴史を学び「防災」の視点から「ユメイエ。」を制作します。

また、大阪教育大学教育イノベーションセンターと協力し、プログラム実施前後における創造性や自主性等の変容について効果検証を行い、プログラムの今後の展開を目指します。

【実施概要】「ユメイエ。」

<日時>
① 1月28日(金曜)8時50分~12時30分
② 2月24日(木曜)8時50分~12時30分
③ 2月25日(金曜)13時15分~14時15分

<会場>
神戸市立道場小学校

<参加者>
神戸市立道場小学校 4年生 ※本プログラムの一般募集はございません。

<講師>
稲垣淳哉(Eureka)、
永田宏和(デザイン・クリエイティブセンター神戸)

<主催>
デザイン・クリエイティブセンター神戸

<協力>
大東建託株式会社、
大阪教育大学教育イノベーションデザインセンター

  スケジュール

第1回

1月28日(金曜) 8時50分~12時30分 「ユメイエを考えて、つくろう!」

前半で世界中の多種多様な家、自然と住まう家について学び、
自由な発想で夢の家を考えて模型を制作した後、
後半は災害に対応する世界の様々な家について学びます。
終了後、第2回までの間に、
校区内で起こった過去の災害についてフィールドワークを行います。

第2回

2月24日(木曜) 8時50分~12時30分 「ユメイエをつくりかえてみよう!」

第1回と自主学習で学んだ内容をふまえて、
災害に対応する家という観点で2つ目の模型を制作します。

第3回

2月25日(金曜) 13時15分~14時15分 「ユメイエを発表しよう!」

第1回、第2回で制作した模型を比較しながら、
工夫した点や苦労した点について発表します。

講師プロフィール

稲垣淳哉(建築家 Eureka)

稲垣様
 

980年愛知県生まれ。建築家、Eureka(エウレカ)共同主宰。
2006年早稲田大学大学院修了。

2009年より、建築計画・意匠・構造・環境を専門とする
パートナーと、異分野共同の建築家集団 Eurekaを設立。
集団設計、ワークショップ、フィールドワークを通して、
建築からインテリアデザイン、まちづくりまで、
オープンでコレクティブな創作活動を行う。

代表作にDragon Court Village(2014 愛知)、
Nagasaki Job Port(2018 長崎)、
奈義町多世代交流広場ナギテラス(2019 岡山)、
あざみ野の土(2021 神奈川)などがある。

永田宏和
(デザイン・クリエイティブセンター神戸 センター長)

永田様

1968年兵庫県生まれ。企画・プロデューサー。
1993年大阪大学大学院修了後、大手建設会社勤務を経て、
2001年「iop都市文化創造研究所」を設立。
2006年「NPO法人プラス・アーツ」設立。
2012年8月より
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)の副センター長、
2021年4月よりセンター長を務める。

主な企画・プロデュースの仕事に、
「水都大阪2009・水辺の文化座」、
「イザ!カエルキャラバン!」(2005~)、
「地震EXPO」(2006)、「ちびっこうべ」(2012~)、
「EARTH MANUAL PROJECT展」(2013~)などがある。

大東建託株式会社 防災と暮らし研究室「ぼ・く・ラボ」

ぼくラボ


人と人、人と地域を“つなぐ”ネットワークの構築を目指し、
2018年に設立された大東建託グループの取組。
“日々の生活に浸みこむ防災”をテーマに、支店の防災拠点化、
防災イベントや防災知識の情報発信など多面的に活動している。
「賃貸住宅における防災の取組」が評価され、
公益財団法人日本デザイン振興会(JDP)が主催する、
2019年度「グッドデザイン賞」を受賞。

https://www.kentaku.co.jp/bokulab/

城戸楓(大阪教育大学 教育イノベーションデザインセンター研究員、東京大学 大学院情報学環・学際情報学府 特任助教)

城戸様

大阪府立大学人間社会学研究科博士後期課程卒業(人間科学博士)。

大阪教育大学教員養成開発連携センターにて
2014年から2019年までIRの調査を行い、
現職では東京大学において教育工学分野において
人材育成や防災関連の
教育システムや尺度の開発を行う。
その他、企業やNPO法人における
商材開発や活動の効果検証、
ビッグデータのリサーチや解析などの
受託研究なども。

専門は認知科学、知覚と意識、
機械学習、データサイエンス、など。

KIITO:300 キャンプとは

キャンプ

こどもたちの好奇心と探求心を刺激し、創造性を育むプラットフォーム。
こどもたちを対象に、クリエイターとともに考えたデザインやアートのワークショップやイベントを開催しています。また、こどもの教育に関わる人々を対象としたレクチャーも開催し、大人とこどもが共にこの場所で楽しく学べるプログラムを実施します。

 

KIITO:300キャンプでの「ユメイエ。」開催風景

ユメイエ1

ユメイエ2

ユメイエ3
 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

企画調整局参画推進課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階