ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年12月 > 大和証券ファシリティーズ株式会社がオフィスビルを建設~オフィスビル建設促進制度第1号認定~

最終更新日:2021年12月16日

大和証券ファシリティーズ株式会社がオフィスビルを建設~オフィスビル建設促進制度第1号認定~

ここから本文です。

パース写真

記者資料提供(令和3年12月15日)
本市は市内経済の活性化と雇用の創出を目的として、企業誘致に取り組んでいます。
特に、三宮都心部へのオフィス誘致を促進するため、新たなオフィスビルを建設する場合に、固定資産税・都市計画税を2分の1、3年間(都心機能誘導地区は5年間)軽減する制度を設け、ビルの建替による良好なオフィス床の供給を支援しています。
このたび、大和証券ファシリティーズ株式会社が、本制度第1号の適用となるオフィスビルを建設することになりましたので、お知らせします。

1.オフィスビルの概要

  名  称  |(仮称)大和証券神戸ビル
  事 業 者 |大和証券ファシリティーズ株式会社 (https://www.daiwa-fs.co.jp/
  建設予定地 |神戸市中央区三宮町1-2-4
  延べ床面積 |約 5,916 平方メートル
  階  数  |地上10 階/地下1階
  建物用途  |事務所、一部店舗 
  完成予定日 |令和5年11月30日

2.オフィスビル建設促進制度について

   概 要  |土地・建物の固定資産税・都市計画税 2分の1軽減
  軽減期間  |3年(都心機能誘導地区(※1)は5年)
  対 象 者 |オフィスビルを建設する土地所有者、ビルオーナー
  要 件 1 |① 延べ床面積3,000平方メートル以上
         ② 賃貸借するオフィスの面積:全体の25%以上
         ③ 住宅等、政治団体、宗教活動の面積:全体の50%以下 
  要 件 2 |① 風俗営業等、暴力団・暴力団員等でない者
         ② 原則、認定から1年以内着工、3年以内完成 
         ③神戸市税の未納・滞納、同条例の税優遇を受けていない者
         ④ 民間都市再生事業計画の認定を受けていない者 等
  軽減対象  |住宅等(要件1の③)の部分 以外
  対象地区  |令和2年3月30日公表の「神戸市都市空間向上計画」における広域型都市機能誘導区域(※2)
 ※1 都心機能誘導地区(三宮、元町、神戸、新神戸周辺等)
 ※2 三宮、元町、神戸、新神戸、ポートアイランド、六甲アイランド等

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

企画調整局医療・新産業本部新産業部企業立地課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館23階