ホーム > 市政情報 > 市長室 > 神戸を想う > 自治体の社会的使命です。(広報紙KOBE 令和3年2月号)

自治体の社会的使命です。(広報紙KOBE 令和3年2月号)

最終更新日:2022年6月14日

ここから本文です。

自治体の社会的使命です。(広報紙KOBE 令和3年2月号)

男性であれ、女性であれ、結婚するのかどうか、また子供を儲けるのかどうかは、各人がそれぞれ責任を持って自ら判断されるべきことです。

その上で社会全体にとり、結婚し、子供を儲けたいと考える方々が増えることはとても大事です。そのように考えるみなさんが増えるようにし、安心して子供を産み、育てられるような地域社会を創り上げることは、自治体の社会的使命です。

神戸市は、これまで子育ての分野に力を入れて来ましたが、まだまだ十分でない点もあることでしょう。必要な検証を行いながら持続可能な支援策を講じていきます。

神戸市長 久元 喜造

※広報紙KOBE 令和3年2月号全市版特集「ひらこう子育ての世界~働くパパ・ママも子育てしやすいまち」掲載。

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

市長室秘書課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館15階