ホーム > 市政情報 > 市長室 > 神戸を想う > 神戸市がワクチン接種を急ぐ理由(広報紙KOBE 令和3年7月号)

神戸市がワクチン接種を急ぐ理由(広報紙KOBE 令和3年7月号)

最終更新日:2022年8月4日

ここから本文です。

神戸市がワクチン接種を急ぐ理由(広報紙KOBE 令和3年7月号)

国から急かされているからではありません。感染を終息させ、平穏な日常を取り戻したいからです。

神戸では、第四波で感染が急拡大し、必要な病床が確保できず、多くの方々が自宅療養を余儀なくされました。医療現場の苦労は筆舌に尽くし難く、保健所の入院調整は困難を極めました。現場を預かるみなさまの献身的なご努力により危機を脱することができました。あのようなことが二度と起きないようにするためには、ワクチン接種を迅速に進めることが不可欠です。お陰様で接種は順調に進んでいます。関係者のみなさまに感謝申し上げます。

神戸市長 久元 喜造

※広報紙KOBE 令和3年7月号全市版特集「新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ(新型コロナワクチン接種・コロナ禍の夏、熱中症予防を)」掲載。

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

市長室秘書課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館15階