ホーム > 市政情報 > 市長室 > 神戸を想う > 人間と道具の関係性について(広報紙KOBE 令和4年2月号)

人間と道具の関係性について(広報紙KOBE 令和4年2月号)

最終更新日:2022年2月1日

ここから本文です。

人間と道具の関係性について(広報紙KOBE 令和4年2月号)

仕事をするときも、勉強するときも、道具が必要です。

良い道具を上手に使いこなしてこそ良い仕事が出来、勉強が身に付きます。ときには手や指などの身体と道具が一体になることも求められるような気がします。

そして、テクノロジーにより道具が進化していっても、人間と道具の関係性については変わらない面もある気がします。

人間が道具に愛情を注ぎ、主体的に使いこなすこと。

道具に人間が振り回されたり、間違っても人間が道具に支配されるようなことが絶対に起きないようにすること。

竹中大工道具館を訪れると、いつも新鮮な発見があり、いろいろと考えさせられることが多いです。

 

神戸市長 久元 喜造

※広報紙KOBE 令和4年2月号全市版特集「ひらこう学びの世界~学びが変わるGIGAスクール構想」掲載。

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

市長室秘書課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館15階