ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年12月 > 食のスタートアップ支援事業第4期・5期 出店者の決定について

最終更新日:2021年12月16日

食のスタートアップ支援事業第4期・5期 出店者の決定について

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年12月16日)
神戸市では、株式会社阪急オアシスと連携し、飲食店の起業を目指している方にチャレンジ場所を提供しています。(神戸三宮阪急ビル内の阪急オアシス神戸三宮店・地下一階キッチン&マーケット内の一区画)
このたび、書類審査および実技審査を経て、3名の支援対象者が決定しましたのでお知らせします。応援よろしくお願いします。
なお、第6期以降(令和4年8月1日以降)については、令和4年5月頃に募集を行う予定です。

1.出店者(3名)


(1)第4期(2月1日~4月30日)
   氏名:高井 貴美 (たかい たかみ)
    経歴:ホテルのレストランや北野のレストランでの修行を経て、三宮に2015年にCAFE+を開業。
       神戸市内に「グジェール」専門店の開店を目指し準備中。
   評価ポイント:料理の創意工夫、調理技術、味
           提供料理グジェール(フランスブルゴーニュ地方発祥のチーズ風味のシュー生地)にお惣菜を詰めた料理
           写真1

(2)第4期(2月1日~4月30日)  
   氏名:後藤 靖裕 (ごとう やすひろ)
   経歴:会社員勤務を経て、「食とデジタルの融合」をテーマに掲げ食品通販会社を2021年10月に創業。神戸で店舗開業を目指し準備中。
   評価ポイント:料理の創意工夫、SNS映えする見た目
   提供料理神戸流フムス(ひよこ豆を使った中近東や地中海沿いの広い地域で食べられている伝統的な家庭料理)
   写真2

(3)第5期(5月1日~7月31日)
   氏名:葉 真由(よう まゆ)
   経歴:南アフリカでの生活体験を活かして、身体と環境に優しいサステナブルな無添加商品を取り揃える自社通販ブランド「Yo(u)s'(ヨウズ)」を
      2019年に創業。神戸で店舗開業を目指し準備中。
   評価ポイント:料理の創意工夫、SNS映えする見た目
   提供料理:ペリペリチキン(南アフリカのチリソースを塗り込んだ鶏肉をグリルしたもの)
   写真3

2.支援内容  

(1)チャレンジ場所の提供
   出店場所として一区画を原則3カ月間提供します。
   提供区画の賃貸料は発生しませんが、売上額の20%等を株式会社阪急オアシスに対してご負担いただきます。
   また、キッチンはガスレンジや冷蔵庫、オーブン等の設備全般を完備しています。
(2)神戸開業支援コンシェルジュや神戸国際調理製菓専門学校等による専門家支援    
  (公財)神戸市産業振興財団が実施している神戸開業支援コンシェルジュや神戸国際調理製菓専門学校等の専門家による出店中から出店後、
   起業までの継続的な支援を行います。
(3)PR広報
  (公財)神戸市産業振興財団にて出店情報等のプロモーションを支援します。

3.その他

 (公財)神戸市産業振興財団ホームページにて、支援対象者の紹介や出店情報等を順次掲載しますので、ご覧ください。
  ⇒HPはこちら(外部リンク)から

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

経済観光局経済政策課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館4階