ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年12月 > 「神戸国際フルートコンクールDeconstructed」Part 4&5開催

最終更新日:2021年12月7日

「神戸国際フルートコンクールDeconstructed」Part 4&5開催

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年12月7日)
公益財団法人 神戸市民文化振興財団
担当:事業部文化ホール事業課

 今年6月から始まったシリーズ企画「神戸国際フルートコンクール Deconstructed(ディコンストラクテッド)」(主催:公益財団法人神戸市民文化振興財団)も、残すところあと2回。最後の2回は、「どうしてコンクールを目指すの?」「どうしたらコンクールを楽しめるの?」といった本企画の核心を突くテーマで、音楽コンクールについて深堀する対談コンサートと講座を開催します。

 来年3月に神戸でおこなわれる第10回神戸国際フルートコンクール(第2次審査以降)。出場者や審査員の気持ちが分かると、コンクールの見方・聴き方も変わってくるはず。本企画から、あなたに合ったコンクールや音楽の楽しみ方を見つけてみませんか。

開催概要

 Part 4. 『音楽で生きるということ:コンクールとキャリアデザイン』(対談コンサート)

 開催日時:令和4年1月21日(金曜)18時30分~20時
 会  場:生田文化会館/大ホール(神戸市中央区中山手通6丁目1-40)
 出  演:壬生千恵子(エリザベト音楽大学教授)、山本葵(フルート奏者/第10回大会出場者)、宮本ちひろ(フリーアナウンサー)
 内  容:コンクールが若手音楽家のキャリアにどのような影響を与えるのか。「コンクールとキャリア」をテーマに、音楽家のキャリア教育研究の第一人者
      と第10回大会出場者が、音楽家のキャリア形成について経験談などを交えながら語ります。対談後には、山本葵氏によるミニコンサートをお楽しみ
      いただきます。

 Part 5. 『クラシック音楽なんかこわくない -コンクール編』(講座)
 
 開催日時:令和4年2月27日(日曜)11時~12時30分
 会  場:神戸市男女共同参画センター/セミナー室3(神戸市中央区橘通3丁目4-3)
 講  師:飯尾洋一(音楽ライター)
 内  容:「クラシック音楽は難しい」という凝り固まった考えをほぐし、コンクール課題曲の作品解説や聴き比べなどを通して、クラシック音楽を気軽に楽
      しむためのコツ、コンクールとコンサートそれぞれの楽しみ方などを分かりやすくご紹介します。
 料  金:各500円(当日精算/要事前予約)
 申  込:オンライン予約フォーム、または往復はがき
      ※詳しくはウェブサイトをご覧ください。(https://kobe-flute.jp/events/
 主  催:公益財団法人神戸市民文化振興財団

出演者・講師

壬生さま 壬生 千恵子(みぶ ちえこ)/エリザベト音楽大学教授
 東京藝術大学楽理科卒業。東京学芸大学博士課程修了。Ph.D.国内外の国際音楽祭やコンクール、劇場等でアート・アドミニストレーション業 務に広く従事しながら、人材育成とキャリア・サポート活動を実践。(財)日本音楽教育文化振興会事務局長を経て、東京大学教育学研究科、エラスムス・ロッテルダム大学にて研修。現在、エリザベト音楽大学教授、呉市文化振興財団理事。専門は応用音楽学、文化経済学、音楽教育学、アート・マネジメント、キャリア・デザイン。著書に「初めてのインターンシップ」(アルテス出版)など。


山本さま 山本 葵(やまもと あおい)/フルーティスト
 東京藝術大学音楽学部卒業、同大学院修了。大学院アカンサス音楽賞を受賞。東京藝術大学教育研究助手を務め、後進の指導にあたる。現在藝大フィルハーモニア管弦楽団演奏講師(試用期間中)。フルートコンヴェンションコンクールピッコロ部門第1位。日本木管コンクールフルート部門第2位。NHK交響楽団、読売日本交響楽団ほかに客演。音楽とアニメーションと朗読による「ピーターとオオカミ」の企画制作を手掛けた他、オンラインレッスン事業を展開し、メディアで多数紹介されるなど活動の幅を広げている。


飯尾氏 飯尾 洋一(いいお よういち)/音楽ジャーナリスト
 著書に『はじめてのクラシック マンガで教養』監修・執筆(朝日新聞出版)、『クラシック音楽のトリセツ』(SB新書)、『R40のクラシック―作曲家はアラフォー時代をどう生き、どんな名曲を残したか』(廣剤堂新書)他。音楽誌、プログラムノート等に幅広く執筆。ANA機内プログラム「旅するクラシック」構成、テレビ朝日「題名のない音楽会」音楽アドバイザーなど放送の分野でも活動する。
 

お問合せ

公益財団法人神戸市民文化振興財団
事業部 文化ホール事業課
〒650-0017 神戸市中央区楠町4丁目2-2
TEL (078)351-3397/FAX:(078)351-3121
E-mail: kifc-info@kobe-bunka.jp
URL:
https://kobe-flute.jp/ 

神戸国際フルートコンクールDeconstructed:”神戸国際フルートコンクールをdeconstruction(脱構築)する!”をコンセプトにしたシリーズ企画。フルート、音楽、神戸など、このコンクールを構築する要素をそれぞれに深掘りし、多角的視点から「神戸国際フルートコンクール」という言葉が持つ意味を考え、一人ひとりの視点・興味に基づいたコンクールや音楽との接し方、楽しみ方などを発見します。
 
第10回神戸国際フルートコンクール:世界中の才能あふれる若手フルート奏者たちが目指す神戸。1985年の創設以来、国際舞台の第一線で活躍するフルート奏者を数多く輩出してきました。コロナ禍での開催となる第10回大会では、過去最多となる応募者の中から選ばれた56名が、オンラインで実施された第1次審査(8月26日から9月5日/2021年)に挑み、厳格な審査を通過した26名が、来年3月22日から3月28日に神戸文化ホールでおこなわれる第2次審査に出場します。



 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330