ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年6月 > 青少年科学館 夏の特別展「デジタルスポーツミュージアム~遊べるだけじゃない!科学の「め」でスポーツを見てみよう~」開催のお知らせ

最終更新日:2022年6月29日

青少年科学館 夏の特別展「デジタルスポーツミュージアム~遊べるだけじゃない!科学の「め」でスポーツを見てみよう~」開催のお知らせ

ここから本文です。

記者資料提供(令和4年6月28日)

 

バンドー神戸青少年科学館(神戸市立青少年科学館)は、夏の特別展「デジタルスポーツミュージアム~遊べるだけじゃない!科学の「め」でスポーツを見てみよう~」を開催します。
この特別展では、デジタル機器を使ってゲーム感覚で、スポーツの基礎である、走る、跳ぶ等の運動や、対デジタルでの格闘を実際に楽しんでいただきます。この夏はデジタル機器を使って存分にスポーツに挑戦してみましょう。
そして、科学の「め」でスポーツを見てみると、動物も同じようにスポーツをしているように見えることがあります。何故動物がそのような動きをするのでしょうか?生活環境や習性に関係しているのかもしれません。そういった動物の行動についても紹介します。

実施概要

開催期間 令和4年7月22日(金曜)~令和4年8月30日(火曜)計40日間

時間 午前10時~午後4時30分(最終入場 午後4時)

場所 バンドー神戸青少年科学館(神戸市中央区港島中町7-7-6)

新館4階 特別展示室

入 場 料 無料 別途、展示室入館料(大人600円、小中高校生300円)が必要

主催 バンドー神戸青少年科学館

協力 デジタルトイボックス株式会社

画像・映像提供 デジタルトイボックス株式会社

展示内容とみどころ

「格闘技」

スーパートントン相撲の様子ヒトや動物の格闘技とはどんなものなのかについて解説します。

動物にもルールのもと戦う種類もいますので、そんな動物との比較を予定しています。





スーパートントン相撲

「走る」
スーパーハードルの様子

トと動物の「走る」を比べます。速さや、何故速いのかについて解説します。

また、住む環境によって速い理由が異なるので、環境に合わせた動物の体についても解説します。





スーパーハードル走
「とぶ」

「とぶ」にもジャンプや反復横跳び等、様々なとび方がありますが、ヒトや動物の「とぶ」それぞれの似た形のとび方のものに注目し、解説します。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

文化スポーツ局文化交流課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館19階