新型コロナウイルス感染症 > 個人の方への支援 > 生活資金 > 神戸市暮らし支援臨時特別給付金(住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金)

神戸市暮らし支援臨時特別給付金(住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金)

最終更新日:2022年7月8日

ここから本文です。

重要なお知らせ

  • 【住民税非課税世帯への給付金の支給】令和4年度住民税非課税世帯向けの給付金の対象の世帯主にご案内、確認書を順次、送付しています。確認書が神戸市に返送された後、書類に不備のない場合は1カ月程度でご指定の口座に給付金が振り込まれます。(書類に不備のある場合は、電話・郵便でご本人様に連絡します。)
  • 【家計急変世帯への給付金の支給】令和4年6月1日申請分からは、令和4年1月以降、任意の1か月で計算した1年間の収入見込み額が住民税非課税相当であることが要件となります。(令和3年中の家計急変は、令和4年度の住民税が非課税であることが要件で、住民税非課税世帯の対象となります。)
  • 【家計急変世帯への給付金の支給】家計急変世帯への給付については審査を行いますので、支給までに2か月程度かかる見込みです
新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な困難に直面した方々が、速やかに生活・くらしの支援を受けられるよう、神戸市暮らし支援臨時特別給付金(住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金)を給付します。

新着情報

目次

1.給付額・受給権者
2.対象世帯
3.住民税均等割非課税世帯
4.家計急変世帯
5.配偶者等からの暴力(DV)等を理由に避難されている方
6.よくあるご質問
7.問い合わせ先

1.給付額・受給権者

  • 下記の対象要件を満たす世帯につき、1世帯当たり一律10万円
  • 受給権者は、下記の対象要件を満たす世帯の世帯主

▲目次に戻る

2.対象世帯

①令和4年度住民税非課税世帯 
令和3年12月10日時点において、いずれかの市区町村の住民基本台帳に登録され、かつ令和4年6月1日時点で、神戸市の住民基本台帳に記録されており、世帯全員の令和4年度分の住民税均等割が非課税である世帯
※生活保護受給世帯も含まれます。但し、住民票上の同一世帯内に、「生活保護を受給していない課税の方」が含まれている場合は、当該世帯は給付の対象とはなりません。
※令和4年度分の住民税均等割が非課税である世帯であっても、既に本給付金(神戸市暮らし支援臨時特別給付金(家計急変世帯分を含む)又は他の市区町村の住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金)の支給を受けた世帯と同一の世帯及び当該世帯の世帯主であった者を含む世帯は支給の対象外です。

②令和3年度住民税非課税世帯
令和3年12月10日時点において、神戸市の住民基本台帳に登録されており、世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯
確認書による手続きは終了しました。

③家計急変世帯
上記①②以外の世帯の方で、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、申請時点において①の世帯と同様の事情にあると認められる世帯

▲目次に戻る

3.住民税均等割非課税世帯への給付金の支給

令和4年度住民税非課税世帯向けの給付金

対象世帯の世帯主の方へ確認書がこちらの封筒でお手元に届きます。
R4確認書送付用封筒
なお、令和4年度に新たに住民税非課税世帯となった場合でも、確認書が送付されない場合があります。給付金の受け取りには申請が必要です。
 
令和3年度住民税非課税世帯向けの給付金
※確認書による受付は終了しました。申請書のみ受け付けています。



▲目次に戻る

4.家計急変世帯への給付金の支給

◆家計急変世帯の給付金の受給には、申請が必要です。

  • 令和4年1月以降、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて収入が減少し、令和4年度分の住民税均等割が課されている世帯全員のそれぞれの収入見込額が、住民税均等割非課税相当水準以下の世帯が対象となります。上記の「住民税均等割非課税世帯」の案内が送付される世帯は申請できません。


◆支給要件

  • 令和4年度住民税均等割が非課税である世帯ではないこと。
  • 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて令和4年1月以降申請日の属する月までの家計が急変し、同一の世帯に属する者全員が令和4年度住民税非課税である世帯と同様の事情にあると認められること。
  • 住民税均等割が課税されている者の扶養親族等のみで構成される世帯でないこと。
  • 収入の減少により、年間収入(所得)見込額が、住民税均等割非課税(相当)の水準以下であること。
(参考)住民税均等割非課税相当額(給与収入の場合)
扶養親族等の人数

非課税相当収入限度額

(収入額ベース)

非課税相当所得限度額

(所得額ベース)

単身又は扶養親族がいない場合 100.0万円以下 45.0万円以下
扶養親族が1人(例:配偶者のみ扶養) 156.0万円以下 101.0万円以下
扶養親族が2人(例:配偶者+子1人) 205.7万円以下 136.0万円以下
扶養親族が3人(例:配偶者+子2人) 255.7万円以下 171.0万円以下
扶養親族が4人(例:配偶者+子3人) 305.7万円以下 206.0万円以下
障害者、未成年、寡婦、ひとり親の場合 204.3万円以下 135.0万円以下



◆判定方法

①収入(所得)

  • 令和4年1月以降の任意の1か月の収入(×12月)により推定します。
  • 収入の種類は、給与収入、事業収入、不動産収入、公的年金収入(非課税のものは除く)となります。


②判定対象者

  • 申請日時点における住民票上の世帯員全員のそれぞれの収入(所得)について判定します。(非課税相当に該当するかご確認いただけます)

神戸市暮らし支援臨時特別給付金(家計急変)申請シミュレーション(非課税相当に該当するかご確認いただけます)(外部リンク)


◆申請方法

◆ご案内・申請書・申立書様式ダウンロード
ご案内(PDF:468KB)

◆提出書類
神戸市暮らし支援臨時特別給付金(家計急変世帯分)申請書(請求書)(PDF:145KB)
記載要領(PDF:483KB)

簡易な収入(所得)見込額の申立書(PDF:138KB)
記載要領(PDF:241KB)

③申請・請求者本人確認書類の写し(コピー)
※申請・請求者の運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード(表面)、年金手帳、介護保険証、パスポート等の写し(いずれか一つ)

④申請・請求者の世帯の状況を確認できる住民票の写し(コピー)

⑤(令和4年1月1日以降、複数回転居した方)戸籍の附表の写し(コピー)

⑥受取口座を確認できる書類の写し(コピー)
※通帳やキャッシュカードの写しなど、受取口座の金融機関名・口座番号・口座名義人を確認できる部分の写しをご用意ください。

⑦令和4年1月以降で「収入の減少のあった年月」の状況を確認できる書類の写し(給与明細等のコピー)
※世帯で収入がある方、全員分の書類が必要です。

収入(所得)に関する申立書(PDF:79KB)
※収入(所得)が確認できる書類を提出できない場合のみ

◆送付先
同封の返信用封筒での郵送または下記宛先へ郵送
〒650-8765
神戸市中央区加納町6-5-1
神戸暮らし支援臨時特別給付金担当宛

◆申請期日
令和4年9月30日(金曜)当日消印有効

◆家計急変世帯への給付金よくあるご質問

▲目次に戻る

5.配偶者等からの暴力(DV)等を理由に避難している方へ

①住民票が他の市区町村にあり、神戸市に避難されている方
配偶者等からの暴力等で住民票を動かさず神戸市に避難中の方も、所定の手続き(DV避難中であることの証明等)をしていただくことで、避難先の神戸市から給付金を受け取ることができます。

②住民票が神戸市にあり、他の市区町村に避難されている方
避難先の市区町村から給付金を受け取ることができます。手続き方法などは避難先の市区町村にお問い合わせください。

配偶者からの暴力(DV)等を理由に避難している方の手続き方法
▲目次に戻る

6.よくあるご質問

Q:令和4年度からの住民税非課税世帯にも10万円が支給されると聞いたが、既に受給した世帯にも2回目の支給が行われるのですか。

A:これまでに、住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金を受給した世帯に対して、再度支給されるものではありません。

 

Q:令和4年度住民税非課税世帯で、支給対象として確認書が送られてくるのはどのような世帯ですか。

A:次のいずれも満たす世帯に、確認書を送付いたします。
・世帯のすべての方が、令和3年12月10日以前から現住所にお住まいである。
・令和4年度に、新たに、住民税が非課税となった世帯である。
・これまでに本給付金を受給したことがない世帯である。

なお、令和4年度に新たに住民税非課税世帯となった場合でも、下記に該当する場合は、確認書が送付されない場合があります。
該当する場合は、お手数をおかけしますが、神戸市暮らし支援臨時特別給付金専用コールセンター(078-777-4352)にお問い合わせください。
(1)世帯の中に、令和3年12月11日以降に転入した方がいる場合
(2)令和4年度住民税課税世帯であったが、申告により住民税非課税世帯となった場合
(令和4年6月以降に、令和3年中の収入について確定申告や市民税の申告をした方がいる場合)
 

Q:確認書はいつ送付されますか。

A:
○令和3年度住民税非課税世帯向け
 ・対象となる世帯の世帯主宛に、すでに「確認書」を送付し、令和3年6月20日に受付を終了しています。

○令和4年度住民税非課税世帯向け
 ・対象となる世帯の世帯主宛に、令和4年7月5日以降順次、ご案内および確認書が住民基本台帳上の住所に届きます。
なお、令和4年度に新たに住民税非課税世帯となった場合でも、下記に該当する場合は、確認書が送付されない場合があります。
該当する場合は、お手数をおかけしますが、神戸市暮らし支援臨時特別給付金専用コールセンター(078-777-4352)にお問い合わせください。
(1)世帯の中に、令和3年12月11日以降に転入した方がいる場合
(2)令和4年度住民税課税世帯であったが、申告により住民税非課税世帯となった場合
(令和4年6月以降に、令和3年中の収入について確定申告や市民税の申告をした方がいる場合)

Q:確認書はどこに送付されますか。

A:基準日(令和4年6月1日)時点の、住民基本台帳上の住所に届きます。

 

Q:住民税非課税世帯でも「確認書」が送付されず別途申請が必要な世帯はどのような世帯ですか。

(1)世帯の中に、令和3年12月11日以降に転入した方がいる場合
(2)令和4年度住民税課税世帯であったが、申告により住民税非課税世帯となった場合
(令和4年6月以降に、令和3年中の収入について確定申告や市民税の申告をした方がいる場合)
必要書類など詳細については、神戸市暮らし支援臨時特別給付金専用コールセンター(078-777-4352)にお問い合わせください。

Q:申請書の書き方がわかりません。どこで教えてもらえますか。

A:封筒に同封されている記載例をご確認のうえ、ご不明な点があれば、神戸市暮らし支援臨時特別給付金専用コールセンター(078-777-4352)にお問い合わせください。
※繋がらない場合は、再度お時間をあけておかけ直しください。
※かけ間違いがないよう、お気をつけください。

Q:令和4年度住民税非課税世帯かどうかは、いつからいつまでの所得額で決まるのでしょうか。

A:令和3年1月1日から12月31日までの所得額によって決まります。

Q:世帯とは何が基準となるのでしょうか。

A:住民票に登録されている世帯です。ご自身の世帯の状況を確認したい場合には、お住まいの区役所で、世帯全員の住民票の交付手続きを行ってください。

Q:外国人は、給付金の対象ですか。

A:基準日(令和3年12月10日)において、住民基本台帳に記録されている外国人は、支給対象となります。

 

Q:最近、日本に入国してきました。給付金はもらえますか。

A:本給付金の対象は、基準日(令和3年12月10日)において。市町村の住民基本台帳に記録されている方です。令和3年12月11日以降に入国された方は支給対象となりません。

Q:住民税非課税世帯で年金を受け取っていますが、支給対象になりますか。

A:支給対象です。ただし、住民税が課税されている方に扶養されている場合は対象外となります。

Q:施設等(老人ホーム等)に入所している者は給付対象となりますか。

A:住民税非課税世帯であれば対象となります。

Q:子育て世帯臨時特別給付金を受給済ですが、非課税世帯等の臨時特別給付金も支給されますか。

A:それぞれ支給要件を満たしていれば、どちらも受給することができます。

Q:親(その他身内など)と同居しているが、世帯は別です。この場合は給付の対象になりますか。

A:住民税非課税世帯であれば対象となります。ただし、親の扶養に入っている場合などは対象外となります。

Q:基準日後に亡くなった人は、給付対象となりますか?

A:基準日(令和4年6月1日)後に世帯主が亡くなられた場合、以下の取扱いとなります。
申請・受給権者となっている世帯主が、基準日後に、
(1)確認書の返送・申請を行うことなく亡くなられた場合
 ①当該世帯主以外の世帯員がいる場合は、その世帯員のうちから新たに世帯主となった方が
  申請し、給付を受けることとなります。
 ②単身世帯の場合
  世帯自体がなくなってしまうため、給付されません。
(2)確認書の返送・申請を行った後に亡くなられた場合
 当該世帯主に給付が行われ、他の相続財産とともに、相続の対象となります。
 相続人の受け取りについては、神戸市暮らし支援臨時特別給付金の受領にかかる確約書兼口座振替依頼書(EXCEL:19KB)をご提出ください。※当該世帯主の口座が凍結となった場合のみ

Q:「世帯の全員が、住民税が課されている他の親族等(子・親等)の扶養を受けていません。」とは、具体的にどのような世帯をいうのでしょうか。

A:例えば、親(課税)に扶養されている大学生(非課税)の単身世帯や、子(課税)に扶養されている両親の世帯(非課税)などの世帯ではないということです。

Q:給付金の給付は、どのような方法になりますか。

A:住民税非課税世帯の対象者については、郵送する案内書同封の確認書に必要な事項をご記入いただき、確認書を返送いただいた後、ご指定の口座にお振込します。
また、家計急変世帯については、申請書を下記の「神戸市暮らし支援臨時特別給付金専用コールセンター」(078-777-4352)から取り寄せていただき、申請書に必要書類を添付のうえ、返信用封筒で郵送により申請してください(別途郵送料はかかりますが、本ホームページから申請書等のダウンロードも可能です)。ご指定の口座にお振込します。

 

Q:手続きは窓口でもできますか。

A:市役所、区役所等に申請窓口は設けておりません。

Q:収入が減ったのですが、自分は家計急変世帯の給付対象になりますか。

A:上記の支給要件にあてはまる方は対象となります。

Q:住民税非課税世帯への給付金は、いつ頃振り込まれますか。

A:確認書の内容に不備がなければ、確認書受理後、給付金の振込まで1か月程度かかる見込みです。

Q:振込が行われた際に振込通知などは届きますか。

A:郵送による手続きの方は郵送にて通知します。WEBによる手続きの方はメールにて通知します。

Q:通帳に振込み時には、どのような記載がされますか。

A:通帳には「コウベシクラシシエンリンジトクベツキュウフキン」と記載されます。

参考:内閣府ホームページのよくある質問
▲目次に戻る

7.問い合わせ先

神戸市暮らし支援臨時特別給付金専用コールセンター
  • 電話番号:078-777-4352(午前9時から午後5時まで、土日祝を除く。)
  • FAX番号:078-945-8106

耳や言葉の不自由な方のご相談はFAXをご利用ください(該当しない方の利用はご遠慮ください。)
※かけ間違いがないよう、お気をつけください。

内閣府コールセンター(制度についてのお問い合わせ)
  • 電話番号:0120-526-145
  • 受付時間:午前9時から午後8時(土日祝を含む。)
▲目次に戻る

その他注意点

「振り込め詐欺」や「個人情報の搾取」にはご注意ください。神戸市からは、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすること・支給のための手数料の振込を求めること・クレジットカードや預金通帳をお預かりすること・暗証番号を教えてほしいということは絶対にありません。

お問い合わせ先

神戸市暮らし支援臨時特別給付金に関するお問い合わせは、専用コールセンターにお電話ください

電話:078-777-4352(午前9時から午後5時まで、土日祝を除く。)