ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年6月 > 認知機能検診受診券(無料)の送付について

最終更新日:2022年6月28日

認知機能検診受診券(無料)の送付について

ここから本文です。

記者資料提供(令和4年6月28日)

 認知症は加齢によって多くの方がなり得る病気です。認知症には様々な疾患があり、それぞれの症状に応じ、その後の生活に備えるためには、早期受診が大切です。本市では、認知症の早期受診を支援するため、自己負担なく認知機能検診を受診できる「認知症診断助成制度」を実施しています。
 令和4年2月に予定していた令和3年度中に80歳・85歳になる方を対象とした認知機能検診の受診券(無料)の一斉送付について、新型コロナウイルスの感染拡大による医療体制逼迫等に配慮して延期していましたが、直近の感染状況等を鑑みて、このたび下記のとおり実施します。

1.送付対象者

令和3年度中に80歳・85歳になられた市民の方(約26,000人)

※ただし、令和3年度に受診券の申し込みをされている方や、既に認知症又はMCI(軽度認知障害)と診断されている方は、送付の対象外です。

2.発送日

令和4年6月29日(水曜)

3.認知機能検診について

・費  用:無料(お送りする受診券をご持参ください)
・実施場所:実施医療機関(令和4年5月末現在456か所、受診券に医療機関一覧を同封)
・受診方法:実施医療機関に電話予約のうえ受診してください。
・内  容:認知症の疑いが「ある」か「ない」かを診るための検診です。
      認知症の疑いありの方には認知機能精密検査(第2段階)をご案内します。
      第2段階で認知症と診断された場合、事故救済制度の対象になります。

※受診券の送付に関する問い合わせ先
 認知症診断助成制度 臨時コールセンター
 6月30日(木曜)~7月13日(水曜) 平日9:00から15:00
 電話番号:078-335-5014

≪参考:今回の送付対象以外の方について

 定期的な受診の周知・啓発を目的に、このたび、80歳・85歳の方に受診券を一斉送付していますが、当該年齢以外の方でも、65歳以上の方は無料で受診が可能です。
65歳以上の方で受診を希望される方は、以下の方法で、認知機能検診の受診券(無料)をぜひお申し込みください。

【申込み方法】
①電話:神戸市総合コールセンター0570-083330
    または078-333-3330(年中無休9:00~21:00)

②インターネット:認知症神戸モデル特設サイト(https://kobe-ninchisho.jp/(外部リンク)

③申込書の郵送・FAX
 郵 送:〒650-8526 神戸市中央区伊藤町111 神戸商工中金ビル4F
     神戸市行政事務センター 神戸モデル診断助成の係
 FAX:078-381-6675
  ※申込書は、あんしんすこやかセンター、実施医療機関、認知症神戸モデル特設サイトで入手できます。

≪参考:認知症に関する相談窓口について≫

(1)こうべオレンジダイヤル
 認知症神戸モデルをはじめ市の認知症施策の紹介や、認知症について専門職が職種に応じて、専門相談、福祉相談、生活相談など認知症に関する市民の皆様からのさまざまな相談を受け付けます。相談内容により、認知症初期集中支援チーム(※)、あんしんすこやかセンター(市内76か所)、認知症疾患医療センター(市内7か所)等と連携します。

(※)複数の専門職が、認知症が疑われる人や認知症の人及びその家族を訪問し、家族支援などの初期の支援を包括的、集中的(おおむね6か月)に行い、自立生活のサポートを行うチーム。

○電話番号:078-262-1717
○受付時間:平日9:00~17:00(※土日、祝日、年末年始を除く)

(2)あんしんすこやかセンター
 高齢者の介護や見守りに関する総合相談窓口です。概ね中学校区に1か所の割合で設置しており(市内76か所)、お住まいの地域によって担当が決まっています。

≪参考:認知症神戸モデルについて≫

 認知症神戸モデルとは、認知症の早期受診を支援する診断助成制度と認知症の方が事故に遭われた際に救済する事故救済制度を組み合わせて実施し、その財源は、超過課税の導入により、市民の皆様からご負担いただく、全国初の取組みです。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

福祉局介護保険課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館4階

認知症対策担当