ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年6月 > 神戸市立王子動物園:ジャガー「アステカ」が転出します

最終更新日:2022年6月30日

神戸市立王子動物園:ジャガー「アステカ」が転出します

ここから本文です。

記者資料提供(令和4年6月30日)

 昨年夏、当園のジャガー「アトス」(オス)と「ネリア」(メス)との間に生まれた双子の仔のうち、「アステカ」(オス)が、日立市かみね動物園での繁殖を目指し、2022年7月6日に転出することになりましたので、お知らせします。
 なお、「アステカ」は、7月4日に静岡市立日本平動物園から日立市かみね動物園に移動する予定の「小麦」(メス)と、性成熟後(オス2~3歳頃、メス1~2歳頃)に繁殖に取り組む予定です。

ジャガー「アステカ」

移動日

2022年7月6日(水曜)

  • 休園日であるため、移動の様子はご覧いただけません。
  • 当園で最後にご覧いただける日時は以下の予定です。7月4日(月曜)9時~11時40分ごろ

ジャガー「アステカ」

  • 生年月日:2021年8月18日(10ヶ月齢)
  • 性別:オス
  • 出生地:神戸市立王子動物園

参考情報

繁殖相手について(予定)

「小麦」(メス、7ヶ月齢)

  • 2021年11月26日 静岡市立日本平動物園生まれ
  • 2022年7月4日 日立市かみね動物園に移動を計画

当園の他の飼育個体について

「アトス」(オス、12歳、アステカ・マヤの父親)

  • 2009年12月11日 ポーランド ワルシャワ動物園生まれ
  • 2013年6月27日 神戸市立王子動物園に来園

「ネリア」(メス、3歳、アステカ・マヤの母親)

  • 2018年8月21日 南アフリカ共和国 Akwaaba Predator Park生まれ
  • 2020年11月12日 神戸市立王子動物園に来園

「マヤ」(メス、10ヶ月齢、アステカの兄妹)

  • 2021年8月18日 神戸市立王子動物園生まれ

ジャガーについて

 中米から南米大陸中部の熱帯雨林、草原、沼地等に生息する。がっしりした体つきで、木登り及びネコ科動物としては珍しく泳ぎを得意とし、カピバラ、ワニなど様々な動物を、強力な肢と顎で捕食する。
 多くの個体の体色は黄褐色に黒い斑紋があるが、全身が黒い黒変種もいる。野生の生息数は推定約6万頭で、密猟、駆除、生息地の開発が進み、絶滅の危機が高まっている(IUCNレッドリストによる分類は「準絶滅危惧(NT)」)。
 ※ 国内のジャガーの飼育状況(2021年12月31日現在):11園館21頭(オス12頭、メス9頭)

輸送方法について

 キリン「ひまわり」の輸送中の死亡事故を教訓として、輸送中の安全確保に努め、輸送方法や経路、動物の健康状態の確認方法等について、日立市かみね動物園と協議を重ねてきました。今回の輸送にあたり、温度管理ができる空調設備、「アステカ」を常時監視できるカメラを設置するとともに、飼育員と獣医師が同行し、一層の安全対策を講じていきます。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

建設局王子動物園  

〒657-0838 神戸市灘区王子町3-1