ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年8月 > 神戸市立王子動物園:カリフォルニアアシカの赤ちゃん2頭が誕生しました

最終更新日:2022年8月18日

神戸市立王子動物園:カリフォルニアアシカの赤ちゃん2頭が誕生しました

ここから本文です。

記者資料提供(2022年8月18日)

 王子動物園ではカリフォルニアアシカの赤ちゃんが2頭生まれ、順調に成長しています。
 2022年(令和4年)6月9日(木曜)に「コナツ」が赤ちゃん(メス)を生み、6月22日(水曜)には「スミレ」が赤ちゃん(メス)を生みました。その後、約2か月が経過する中、母子ともに健康で、順調に成長しています。
 現在、アシカ池では、微笑ましい仔育ての様子や愛くるしい姿をご覧になることができます。生まれた2頭の赤ちゃんがこれからも健康に育つように尽力していきます。
 なお、赤ちゃんの名前は、2頭が離乳を終える来年2月頃を目途に募集を予定しております。

出生個体の情報

「コナツ」の赤ちゃん

  • 生年月日:2022年6月9日
  • 性別:メス
  • その他:「コナツ」は初めての出産

konatsubaby

「スミレ」の赤ちゃん

  • 生年月日:2022年6月22日
  • 性別:メス
sumirebaby

両親の情報

父親「カイト」(11歳)

 2011年6月17日 長野市城山動物園生まれ
 2013年3月27日 神戸市立王子動物園に来園

母親「スミレ」(9歳)

 2013年6月14日 スペイン生まれ
 2014年12月19日 神戸市立王子動物園に来園

母親「コナツ」(12歳)

 2010年6月22日 高知県立のいち動物園生まれ
 2015年2月25日 神戸市立王子動物園に来園

参考

カリフォルニアアシカについて

 食肉目アシカ科。北アメリカ西海岸沿岸に生息。かつては乱獲等により野生下の生息数は減少したが、現在は推定18~38万頭と増加傾向にある(IUCNより)。水中で泳ぎまわり、地上では前脚と後脚で体を支えて歩く。主に魚類を食べる。繁殖期は5~8月で、一夫多妻のハーレムを形成する。妊娠期間は約1年で、1産1仔。

国内の動物園でのカリフォルニアアシカの飼育状況

 44園館199頭(オス:88頭、メス111頭)※2021年12月31日現在

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

建設局王子動物園  

〒657-0838 神戸市灘区王子町3-1