ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年8月 > コロナ禍だからこそ!お年寄りの方の孤立防止に寄与するボランティア活動で、神戸市外国語大学の学生が「ひょうごユニバーサル社会づくり賞」を受賞しました。

最終更新日:2022年8月15日

コロナ禍だからこそ!お年寄りの方の孤立防止に寄与するボランティア活動で、神戸市外国語大学の学生が「ひょうごユニバーサル社会づくり賞」を受賞しました。

ここから本文です。

記者資料提供(2022年8月9日)
 令和4年7月26日、お年寄りの方の孤立防止に寄与するボランティア活動に取り組む神戸市外国語大学(以下、「本学」)の学生が「ひょうごユニバーサル社会づくり賞」を受賞しました。
 新型コロナウイルスが流行する以前から取り組んできた活動ですが、新型コロナウイルス流行後はより大事な活動として、実施方法の変更や感染対策を実施しながら取り組んできた本活動が評価されました。

shiryou1shiryou2
【表彰式の様子】


1.表彰式の概要

実施日時:2022年7月26日(火曜) 13時30分-14時20分
実施場所:兵庫県公館

2.本学学生の活動内容

 コロナ以前は隔月地域の集会所をお借りしてお年寄りの方と本学学生が集い、おしゃべりや昭和の歌を一緒に楽しむ「がくえん陽だまりサロン」を行ってきましたが、新型コロナウイルス流行以降はこの活動を自粛しました。
 代わって始めたのは学生が作成し、お年寄りの方のお宅に直接お届けする「陽だまりお便り」です。毎月テーマを決めてメッセージを書き、学生自身の写真とともにニュースレターにしています。
 お便りお届けの際には、玄関先でのわずか数分の立ち話ですが近況を伺い、コロナ禍でも途絶えることなく交流を続けることができました。
 お便りを毎月心待ちにされ、バックナンバーを大事に保存してくださっている方や、お便りの返信を欠かさずくださるお年寄りの方もいらっしゃってコロナ禍だから生まれた、新しいお年寄りの方との交流の形と言えます。

shiryou3shiryou4
【陽だまりお便りの一例】

 また、今年度に入ってからはコロナによる制限も緩和されたことで、従来からの活動であるお年寄りの方のお宅に伺っておしゃべりなどの交流をする「訪問ボランティア」や集会所でのおしゃべり交流「がくえん陽だまりサロン」も再開することができました。
 今後も本活動を継続し、多くの方々と関わることで地域へ貢献するボランティア活動に取り組んでいきます。
 「ひょうごユニバーサル社会づくり賞」の理念にもある、「すべての人が主体的に生き、支え合う社会」の実現に向けて、これからも学生の豊かな発想と実践を期待します。

shiryou5shiryou6
【がくえん陽だまりサロンの様子】

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

企画調整局企画調整課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階