ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年4月 > 株式会社イーベック開発のモノクロナール抗体がオミクロン株(BA.2)でも高い中和性効果を確認

最終更新日:2022年4月7日

株式会社イーベック開発のモノクロナール抗体がオミクロン株(BA.2)でも高い中和性効果を確認

ここから本文です。

fbrikbiclogo

記者資料提供(令和4年4月7日)

神戸医療産業都市推進機構では、日本初となるライフサイエンス分野のスタートアップ・エコシステムの構築に向けて、様々な事業を進めております。また、新型コロナウイルス治療薬開発に資する研究開発を全面的に支援しております。
このたび、神戸医療産業都市に拠点を有する「株式会社イーベック」(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:土井 尚人)が開発したモノクローナル抗体が変異株のオミクロン株(BA.2)でも高い中和活性を示したことが確認されました。また、この研究に関する論文が3月24日に「Antiviral Research」に掲載されましたのでお知らせいたします。

研究の概要

株式会社イーベックは、感染症の原因となるウイルス等を中和する完全ヒト抗体作製に強い技術を保有しています。2020 年 4 月から国内の複数の病院や研究機関と連携し、新型コロナウイルス感染症の原因であるウイルス(SARS‑CoV‑2)に対する抗体を開発してきました。先般、従来株、アルファ株、デルタ株など日本で罹患者が多い変異株を低用量で中和するモノクローナル抗体を開発しました。今回、その抗体がオミクロン株(BA.2)にも高い中和活性を示したことを確認し発表するものです。
論文は下記からご覧いただけます。
Antiviral Research(英文)https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35341809/(外部リンク)

同社は令和2年に「神戸医療産業都市研究開発助成金 共同研究・共同事業枠」の交付を受け、神戸市立医療センター中央市民病院との共同研究を実施するなど神戸医療産業都市で事業を展開してきました。
この度の研究結果を受け、今後国内外の製薬企業とも協業し、新型コロナウイルスの治療薬や検査キットの開発を進めます。

株式会社イーベック企業概要

(1)会社名:株式会社イーベックeveclogo
(2)代表者:代表取締役社長 土井 尚人
(3)設立:2003年1月
(4)URL:https://www.evec.jp/(外部リンク)
(5)事業概要:医薬品向け完全ヒト抗体の製造・販売

お問い合わせ

公益財団法人神戸医療産業都市推進機構クラスター推進センター事業推進課
TEL:078-306-0719

※FBRIのロゴは、公益財団法人神戸医療産業都市推進機構の登録商標です
 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

企画調整局医療・新産業本部医療産業都市部調査課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館23階

公益財団法人神戸医療産業都市推進機構
TEL:078-306-0719