ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年9月 > 460点のアート作品に包まれる。~第6回こうべ障がい者芸術フェスタ HUG⁺展2022を開催~

最終更新日:2022年9月12日

460点のアート作品に包まれる。~第6回こうべ障がい者芸術フェスタ HUG⁺展2022を開催~

ここから本文です。

記者資料提供(2022年9月12日)
こうべ障がい者芸術フェスタ【愛称:HUG⁺(ハグ・プラス)展】は、市内で芸術創作活動に取り組む障がい者の作品を、美術館など環境の整った会場で展示・顕彰することにより、障がい者の社会参加の促進と、芸術文化活動の支援・振興、市民の福祉意識の啓発に資することを目的に開催します。
応募のあった約460点の作品をすべて展示するとともに、専門家による審査のうえ、優秀な作品には賞を贈ります。

1.展示期間

令和4年9月17日(土曜)~9月24日(土曜)10時30分から17時(初日は13時開場、最終日は14時閉場)
※令和4年9月20日(火曜)は休館日

2.会場

原田の森ギャラリー本館2階大展示室(神戸市灘区原田通3-8-30)

3.展示内容

神戸市内の障がい者から公募した絵画・書・写真・立体等の作品約460点の展示

4.入場料

無料

5.主催

こうべ障がい者芸術フェスタ実行委員会(神戸市社会福祉協議会障害者スポーツ振興センター内)

6.スペシャルパートナー

神戸(ホスト)ライオンズクラブ

7.協賛

株式会社イワサ、神戸プラザホテル・神戸プラザホテルウエスト、神戸ハーバーランドumie、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、大和ハウス工業株式会社神戸支社、末積製額株式会社、神戸ヤクルト販売株式会社、神戸葺合ライオンズクラブ、株式会社トヨタレンタリース神戸、フランツ株式会社、南京町商店街振興組合、株式会社ラスイート、株式会社サクラクレパス、ホルベイン画材株式会社

8.作品審査会

日時:令和4年9月15日(木曜)10時から
場所:原田の森ギャラリー本館2階大展示室 ※一般の方の立ち入りはできません。
審査員:
大手裕子(大阪成蹊大学芸術学部教授)
岡泰正(神戸市立小磯記念美術館・神戸ゆかりの美術館館長)
服部正(甲南大学文学部人間科学科教授)
山﨑均(神戸芸術工科大学アート・クラフト学科教授)

9.受賞者への表彰

日時:令和4年9月24日(土曜)10時30分から14時
場所:原田の森ギャラリー本館2階大展示室入口前
※新型コロナウイルス感染予防対策として、表彰式としては執り行なわず、来られた受賞者から順次、表彰します。

10.新型コロナウイルス感染予防対策について

入館時にはマスク着用、手指消毒、検温にご協力ください。
来場前に、体調確認を実施してください。施設・学校等団体で参加の場合は、代表者の方が参加者全員の体調を確認してください。
鑑賞される方が密集するのを避けるため、混雑時には入場制限を行う場合があります。

11.前回(HUG⁺展2021)の様子

HUG⁺展2021の様子(外部リンク)
HUG⁺展2021受賞作品紹介(外部リンク)

12.問い合わせ先

こうべ障がい者芸術フェスタ実行委員会事務局(神戸市社会福祉協議会障害者スポーツ振興センター内)担当:谷水
TEL:078-271-5330 FAX:078-271-5367

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

こうべ障がい者芸術フェスタ実行委員会事務局
(神戸市社会福祉協議会 障害者スポーツ振興センター内)
担当:谷水
TEL:078-271-5330 FAX:078-271-5367