ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年12月 > 神戸ネクストファーマー制度に係る認定研修機関の初認定

最終更新日:2021年12月13日

神戸ネクストファーマー制度に係る認定研修機関の初認定

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年12月13日)

 これまで農業に参入するには研修機関等で1年間の農業研修に専念しなければなりませんでしたが、令和3年8月に神戸ネクストファーマー制度を創設し、一定期間の研修を条件に働きながらでも農業ができるように規制緩和を行いました。
 この度、神戸ネクストファーマーになるための農業研修を行う「認定研修機関」を以下のとおり初認定したため、その研修修了生が農業を始めることができるようになりました。

1 趣旨

 神戸ネクストファーマー制度を創設することにより、農村地域への移住を促進するとともに、多様な農業の担い手の一つとして育成することで耕作放棄地の発生を防止し、将来の本格農業参入にもつなげていく。

2 神戸ネクストファーマー制度の概要

認定研修機関が実施する100時間程度の研修等を修了すれば、100平方メートル~1,000平方メートル未満の小規模な農地を借りることができる。
・主に研修プログラムは土日開催のため、平日別の仕事を続けながらでも受けることができる。
・適切な農地管理を行えば、営農開始から3年目以降は、100平方メートル~1,000平方メートル未満の小規模営農の継続に加えて「1,000平方メートル以上」の本格農業参入も可能になる。
※その他制度の詳細は、「4 備考」に記載のホームページ上でご確認ください。

3 今回認定を行った認定研修機関の概要

(1)有限会社Lusie
 研修名:マイクロファーマーズスクール
 研修場所:北区淡河町
 研修時期:9月もしくは3月~1年間(毎月2回×12か月間)
 受入人数:合計15名
 特徴:加工品づくり、EAT LOCAL KOBE FARMERS MARKETでの野菜の販売体験のほか、研修拠点の古民家で里山暮らしも体験できる。
 その他情報は、以下URLよりご確認、お問合せください。
【URL】https://eatlocalkobe.org/micro-farmers-school/

(2)炭育ち 池上農園
 研修名:循環型オーガニック野菜作り
 研修場所:西区玉津町ほか
 研修時期:半年間(毎月18時間×6か月) ※随時受入可能
 受入人数:上限3名
 特徴:オーガニックコンテスト等で受賞歴がある有機JAS認定農家の下で、SDGsを意識した独自農法やレストラン等との契約栽培・出荷調整等についても学ぶことができる。
 その他情報は、以下URLよりご確認、お問合せください。
【URL】https://ikegaminouen.com/

(3)BIO CREATORS(ビオクリエイターズ)
 研修名:有機農業研修
 研修場所:西区玉津町、神出町東ほか
 研修時期:1年間(毎月10時間×12か月間) ※随時受入可能
 受入人数:上限10名
 特徴:CSA(Community Supported Agriculture/生産者への先払いによる定期お届け便)、新規就農OBを含むグループでフォローが可能
 その他情報は、以下URLよりご確認、お問合せください。
【URL】https://biocreators.org/

4 備考

 認定研修機関は随時募集を行っているため、今後新たに認定を行った場合は、以下URLにて認定研修機関等に関する情報更新を行っていきます。

(神戸市)
https://www.city.kobe.lg.jp/a99375/business/sangyoshinko/industry/sinkisyuunousya/kobenextfarmer.html

(神戸農政公社)
http://www.kobenoseikosha.jp/sato/sato.html

(研修イメージ)
研修イメージ

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

経済観光局農政計画課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館3階