ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2023年11月 > 「空き家空き地の活用促進等に関する事業連携協定」を締結

「空き家空き地の活用促進等に関する事業連携協定」を締結

ここから本文です。

記者資料提供(2023年11月27日)
建築住宅局政策課
 神戸市は、市内の空き家空き地の活用を促進するため、「民間主導による空き家活用促進事業」で認定した事業者と事業連携協定を締結します。
 これを機に相互の連携を強化し、空き家空き地の減少や発生抑制に取り組んでいきます。

1.「民間主導による空き家活用促進事業」とは

 少子高齢化に伴い人口減少が進む現代社会において、今後も空き家は増加することが予想されています。そのため将来に渡り中長期的な視点で空き家対策を進めて行くためには、行政による対策のみならず、民間市場において適切に流通する仕組みが必要です。
 本事業では、空き家が放置されることなく早期に活用されることを促進するため、空き家の活用・市場流通・所有者の支援など、空き家の減少や発生の未然防止などに取り組む事業者を募集し、事業者を認定しました。

2.認定した事業者

 特定非営利活動法人 空家・空地管理センター
 空き家活用 株式会社
 株式会社 AGE technologies
 株式会社 リノバンク

3.事業連携協定の締結

 締結日:2023年11月27日(月曜)
 締結先:上記4者

4.事業者の概要及び本市での事業概要

事業者名:特定非営利活動法人 空家・空地管理センターnpo1
本部所在地:埼玉県所沢市西所沢2丁目1-12 第2北斗ビル
ホームページ:https://www.akiya-akichi.or.jp/
事業概要:
・「空き家ワンストップ相談窓口」を設置し、所有者の相談対応を行うほか、必要に応じて専門家や協力事業者による出張相談も実施。
・見回り点検や清掃などメニュー豊富な「空き家管理サービス」を提供し、所有者へ適正管理を促し、管理不全の防止と活用を推進。
・空き家所有者向けセミナー等の開催や情報発信により、利活用に向けた行動を後押し。

事業者名:空き家活用 株式会社akikatsu1
本社所在地:東京都港区北青山3丁目3-13 共和五番館2階
ホームページ:https://aki-katsu.co.jp/
事業概要:
・独自の空き家調査「アキカツ調査クラウド」により、掘り起こしから活用まで一気通貫したサービスを展開。
・所有者の相談専門窓口である「アキカツカウンター」(市外在住者にも対応)を設置し、具体的な提案で活用に誘導。
・空き家の物件情報サイト「アキカツナビ」の運営や、地元事業者と連携した新たな商流づくりによる流通促進。

事業者名:株式会社 AGE technologies   age1
本社所在地:東京都豊島区東池袋1丁目18-1 Hareza Tower 20階
ホームページ:https://age-technologies.co.jp/
事業概要:
・不動産の相続手続きに関する“わからない”を解消するため、WEB上で「神戸市版相続手続きガイド」を提供。
・ 相続が発生する方に向けて、相続登記手続きの手段について具体的かつ一元的に情報を発信し、手続きを支援。
・相続登記手続きを行った方には神戸市の地元事業者(不動産業者等)を案内することで空き家の活用・流通を促進。

事業者名:株式会社 リノバンクrino
本社所在地:東京都渋谷区神宮前6丁目23-4 桑野ビル 2階
ホームページ:https://renobank.jp/
事業概要:
・中古物件(空き家)をリノベーションにかかる費用とセットで検索できるWEBサイト「たすリノベ」内に、神戸市の住宅取得に関する補助金情報やエリア情報などを掲載した『神戸市特集ページ』を設置。
・リノベーション費用や活用できる補助金額などのトータルコストを示すことで、中古物件購入のハードルを下げ、流通を促進。
・エリア情報と合わせて、物件情報、コスト情報を発信することで、移住検討者へ訴求。
 

5.添付資料

民間主導による空き家活用促進事業連携協定の締結(会見資料)(PDF:2,160KB)
 

6.「民間主導による空き家活用促進事業」募集内容(参考)

 https://www.city.kobe.lg.jp/a01110/514135512107.html

7.関連

民間主導による空き家活用促進事業