ホーム > 市政情報 > 計画・事業 > 企画調整局の計画・事業等 > Be Smart KOBEの推進 > 産学連携によるICTを活用した実証事業等

産学連携によるICTを活用した実証事業等

最終更新日:2022年3月11日

ここから本文です。

ヤフー株式会社との事業連携協定

平成30年4月にヤフー株式会社と、データドリブン(※)な課題解決とデータドリブンな課題へのアプローチができる人材育成を図ることを目的とする「データドリブンな市政課題解決に関する事業連携協定」を締結しました。
神戸市が持つオープンデータや統計データと、ヤフー株式会社が持つ検索データなどのマルチビッグデータを掛け合わせ、新たな市政課題の発見・分析を協働して行っています。
※データドリブン・・・得られたデータをもとに、次のアクションを起こしていくこと

株式会社NTTドコモとの事業連携協定

平成28年4月に株式会社NTTドコモと、ICTやデータの活用に関する連携を通じて、地域における様々な社会課題の解決を図ることを目的とする「ICT及びデータ活用に関する事業連携協定」を締結、平成31年3月には、前協定を引き継ぐ形で新たに「ICTを活用した安全安心なまちづくり」に関する事業連携協定を締結し、様々な事業を展開してきました。
これまでの成果を踏まえ、さらなる発展と新たな事業創出をめざすため、令和4年3月に第3期目となる「ポスト・コロナ社会を見据えた先進技術を活用した令和の社会課題解決実践型のまちづくり」に関する事業連携協定を締結しました。「海と山が育むグローバル貢献都市」という目標を掲げる神戸市をフィールドとし、ドコモの先進技術を活用した社会課題解決型のまちづくりへの展開や、将来を担う若者が輝き活躍できる持続可能な社会(SDGs)をめざしています。連携内容の見直しを行いながら、3期9年間にわたる事業連携協定は両者にとって初めてで、最も長い事業連携協定です。

関西電力株式会社との事業連携協定

令和3年10月に、関西電力株式会社と、市民の生活の質と利便性向上、地域コミュニティが抱える課題解決を目指す神戸市のスマートシティの推進に関して、連携をより一層深め、協働で取り組むため、「神戸市のスマートシティ推進に関する連携協定」を締結しました。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

企画調整局参画推進課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階