2階展示コーナー

最終更新日:2022年11月13日

ここから本文です。

1号館の2階には、神戸に関する資料を集めた「神戸ふるさと文庫」があります。
こちらの展示コーナーでは、神戸や兵庫県など、郷土にちなんだテーマで展示を行っています。

「神戸ゆかりの人たち-竹中郁とその交友」

【展示期間:令和4年11月から12月末】

神戸市立小磯記念美術館 特別展「竹中郁と小磯良平 -詩人と画家の回想録(メモワール)-」(~12/18まで)連携展示

神戸を代表する詩人・竹中郁。神戸二中(現・兵庫高校)で出会い生涯の友となった画家・小磯良平をはじめ、稲垣足穂、堀辰雄、児童詩誌『きりん』の仲間たちとの親交をたどります。
竹中郁がその詩と同じく、明快で機智に富んだ文体で友人のことを綴った散文、逆に友人が竹中の人となりを綴った散文から、その交友をうかがい知ることができます。
竹中郁のエッセイ集には、文学者、画家に関するエッセイを集めた『消えゆく幻燈』編集工房ノア、郷土・神戸についての随筆を集めた『私のびっくり箱』神戸新聞出版センターがあります。ぜひ、こちらも手に取ってみてください。
 

2F左
2F右
2階展示パネル

 

「行事案内」のページへ

お問い合わせ先

文化スポーツ局中央図書館総務課