ホーム > ビジネス > 開発・都市計画 > 開発許可・開発事業承認 > 開発許可制度の趣旨・定義

開発許可制度の趣旨・定義

最終更新日:2022年5月18日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染防止対策について

  • 新型コロナウイルス感染防止のため窓口体制を縮小しています。
  • ご来庁の際は、事前に予約して頂き、人数を必要最小限にしてください。
  • 感染拡大防止のため「マスクの着用」「手洗い等の手指衛生」にご協力ください。
  • 開発許可に関する一部の届出等について、電子申請やインターネット上での確認が可能になっておりますのでご活用ください。詳細は下記ページをご確認ください。

 開発許可に関する届出を電子申請したい:「開発許可に関する届出の電子申請」
 開発行為の適合等について事前に市の確認を電子申請で受けたい:「開発行為の事前確認書」
 神戸市内で都市計画法の開発許可を受けた土地の開発区域をインターネットで確認したい:「開発登録簿」

開発許可制度の趣旨

市街化区域及び市街化調整区域の区域区分(いわゆる「線引き制度」)を担保し、良好かつ安全な市街地の形成と無秩序な市街化の防止を目的としています。

開発行為の定義

開発行為とは、主として建築物の建築又は特定工作物の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更のことをいいます。

(1)区画形質の変更

<区画の変更>
土地利用に伴う区画の変更及び道路、水路等の公共施設の新設、変更又は廃止などを行うこと。(ただし、単なる分合筆のみを目的とした権利区画変更は除く。)

<形質の変更>
切土又は盛土などの土地の造成を行うこと。(建築物の基礎のための床掘等は除く。)原則として、農地等宅地以外の土地を宅地とする場合。

区画形質の変更とは、区画の変更又は形質の変更のいずれか、あるいは両方に該当する場合をいいます。

(2)建築物の建築

建築とは、建築物を新築、増築、改築又は移転すること。

(3)特定工作物(法第4条第11項、令第1条)

  • (1)第一種特定工作物
    周辺地域の環境の悪化をもたらすおそれがある工作物
    (コンクリートプラント、アスファルトプラント、クラッシャープラント、危険物の貯蔵・処理用工作物)
  • (2)第二種特定工作物
    ゴルフコース及び大規模な工作物[1ha以上の墓園、運動・レジャー施設(野球場、庭球場、陸上競技場、遊園地、動物園、観光植物園、サーキット等)]

関係法令等

相談窓口

  • 予約して頂いた方を優先してご案内します。下記の受付時間を目安に事前に予約の上ご来庁ください。
  担当職員が完了検査等のため外出している場合や他の窓口応対のためお待ち頂く場合があります。

受付時間

  • 午前:9時~11時30分
  • 午後:13時~17時

お問い合わせ先

(市街化区域)
  • 都市局 都市計画課相談係 078-595-6707
  • 都市局 都市計画課推進係 078-595-6711
(市街化調整区域)
  • 都市局 都市計画課(調整区域担当) 078-984-0385
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル6階

各種お問い合わせ先

本庁舎2・3号館の再整備に伴い、開発許可に関係する部署が移転しています。
以下の「一覧表」および「地図」をご覧ください。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

都市局都市計画課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル6階