ホーム > ビジネス > 住宅工事・事業者用地 > 工事請負等業務の受注者の方へ

工事請負等業務の受注者の方へ

最終更新日:2022年7月15日

ここから本文です。

住宅建設課が発注した工事を受注された工事請負業者の方へのお知らせや資料を掲載しています。

工事現場の過積載防止対策

土砂やコンクリートガラを現場から排出する場合、毎月の搬出記録表データを、Eメールで監督員に提出してください。

工事現場の過積載防止対策のページ

工事で市営住宅の駐車場を利用する場合

工事関係者の方が市営住宅の駐車場を利用する場合は、利用期間に関わらず駐車場の使用料が発生します。詳しくは、下記の神戸市営住宅管理センターにお問い合わせください。

(東灘区・灘区・中央区)
 東部管理センター 078-599-7171
(兵庫区・長田区)
 兵庫・長田管理センター 078-691-2790
(須磨区・垂水区)
 垂水区管理センター 078-708-5678
(北区)
 北区管理センター 078-591-5567
(西区)
 西区管理センター 078-996-3251

市営住宅の工事で設置する足場

市営住宅の建設(新築・増築・改築)工事の場合

市営住宅の新増改築工事では、公共住宅建設工事における安全性の確保を図る観点から、「手すり据置方式」又は「手すり先行専用足場方式」を標準として採用していますのでお知らせします。「手すり先送り方式」は採用しておりませんのでご注意ください。

市営住宅の外壁改修工事の場合

市営住宅の外壁改修工事では、「仮設足場」と飛来落下危害防止措置として設置する「メッシュシート」の標準仕様は、下記の仕様になります。
仮設足場は、従来の枠組足場(手すり先行方式、働きやすい安心感のある足場)の使用も可としますので、使用される場合は監督職員と協議の上、書面による設計変更の手続きを行ってください。

1 仮設足場

くさび式緊結足場
  • 足場からの墜落事故防止を目的とした「手すり先行方式」「働きやすい安心感のある足場」については従来どおり適用します。

2 メッシュシート(防炎)

JIS A 8952に定める2類
  • 引張強力490N/3cm以上、色は黒色が望ましい
目的
  • 入居者が居住しながら限られた敷地内で作業するため、資機材の扱いやすさによる作業安全性の向上
  • 透過率増による足場作業の施工能率、防犯性(視認性)、及び設置期間の居住環境の向上。
  • 一般的な市営住宅外壁改修工事は、足場部材等が落下する危険性が無く、目隠し、ゴミや軽微な建材の飛散防止で足りることを前提に2類とする。

工事請負業務の提出書類

工事請負業務の提出書類の作成にあたり、作成の効率化と負担軽減を目的として、共通的な記載内容を一括して入力する「一括入力システム」をご活用ください。

工事書類一括入力システム(神戸市の公共建築のページへ)

住宅建設課が発注する工事の積算基準

住宅建設課が発注する市営住宅の建設(新築、住棟の増築)工事は、公共住宅事業者等連絡協議会が編集する「公共住宅建築工事積算基準」を用いて、積算を行っています。

また、市営住宅の改修(外壁改修等の計画修繕、耐震改修)工事は、国土交通省大臣官房官庁営繕部「公共建築工事積算基準」等に準拠した「神戸市公共建築工事積算基準」、「神戸市公共建築工事共通費積算基準」等により、積算を行っています。

同じく、電気設備工事、機械設備工事及びエレベーター設備工事についても、建築工事と同様に取り扱っています。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

建築住宅局住宅建設課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル3階