ホーム > くらし・手続き > まちづくり > 公園 > 公園・みどりの計画・整備 > 須磨海浜水族園・海浜公園の再整備 > 【公園・にぎわい施設】のFAQ(よくあるお問い合わせ)

【公園・にぎわい施設】のFAQ(よくあるお問い合わせ)

最終更新日:2022年3月18日

ここから本文です。

須磨海浜水族園・海浜公園再整備【公園・にぎわい施設】のFAQ(よくあるお問い合わせ)

開園から30年以上が経つ須磨海浜⽔族園の建て替えを機に、海浜公園がより豊かな時間を過ごすための場となり、須磨海浜公園エリア全体の魅⼒を向上させるものとなることを⽬的として、須磨海浜⽔族園及び海浜公園を⼀体的に再整備する⺠間事業者の公募を⾏い、この度再整備を⾏う事業者を決定しました。

ここでは、須磨海浜⽔族園・海浜公園再整備事業のうち公園とにぎわい施設に関するよくある質問と回答を紹介します。

パークコンシェルジュ

Q1.公園の再整備計画はどのようなものですか?

  • 松林は、保全だけでなく活用するアイディアも提案されています。今ある松林の景観や環境を活かしながら、それらにマッチする施設が整備される予定です。
  • パークコンシェルジュ棟という、管理事務所、多目的スタジオ、歴史ギャラリーを備えた建物を整備し、にぎわい施設や芝生広場などと共に地域の皆様が利用できる施設が計画されています。
  • 子育て世代が親子で楽しめ、多様な市民の健康づくりを進めるアート遊具や健康遊具、ランニングコースなどが設定され、それらを活かしたプログラムなども提案されています。
  • 一年を通して、様々なイベント(マルシェ、アート展示、コンサートなど)開催が計画されており、それを実施する広場やデッキなどの整備が計画され、これまでにはない多くの人が集える場となることが期待されます。

広場整備イメージ1

Q2.再整備のスケジュールは?

  • 2021年12月までは今の状態の公園で利用することができます。(一部、水族館等既存施設の解体の影響を受ける場合があります。)
  • 2022年1月から公園の再整備工事が始まります。区域を分けながら工事を進めるため、部分的に利用できない場所ができます。2023年9月には公園の工事が完了し、にぎわい施設もオープンする予定です。
  • 詳しくは、認定公募設置等計画書(概要)の4から6ページをご参照ください。

Q3.再整備後の公園はすべて有料になるのですか?

  • 松林や広場、遊具など、一般の公園部分はこれまでどおり無料で自由に利用することができます。

Q4.今後もラジオ体操や広場の利用はできるのですか?

  • コミュニティ広場(土のグラウンド)、すまっこひろば(芝生広場)などの広場を整備します。松林の中や広場は、これまでと同様にラジオ体操や地域のイベントなどでご利用いただけます。工事期間中も利用できるスペースを確保します。

Q5.松林はどうなりますか?

  • 新しい施設の建築に伴い、一部の松には影響が生じますが、松林の7割程度は今のまま残します。また、利用できる松は移植し、新たな松を積極的に植え、松林の育成にも力を入れていきます。

松林整備イメージ1

松林整備イメージ2

 

Q6.にぎわい施設とはどのようなものができるのですか?

  • 事業者によって建てられる公園施設で、より公園の利用が楽しくなり、人が集まってくることが期待される施設です。
  • 3つの建物が計画されています。ヴィレッジA棟は、子育て世代を対象に、子どもたちの遊びと学びの拠点をテーマとし、子ども向けブック&カフェ、子育て支援・知育スタジオ等の施設が入る予定です。ヴィレッジB棟は、アウトドア、キャンプをテーマとし、キャンプ体験レストラン、グランピング体験施設等が計画されています。ヴィレッジC棟は、海の街にたたずむボートハウスをイメージされ、上質なメニューが楽しめるレストランカフェが予定されています。
  • それぞれの建物の高さは松林を超えないよう計画されており、周辺の景色と調和するデザインとなっています。

変更にぎわい施設BC棟

にぎわい施設1

にぎわい施設2

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

建設局公園部整備課 

〒651-0084 神戸市中央区磯辺通3-1-7 コンコルディア神戸5階