ホーム > 防災・安全 > 緊急・災害情報 > 災害時の避難 > 「わが家の避難マップ」をつくろう

「わが家の避難マップ」をつくろう

ここから本文です。

災害時には、自らの判断で避難の行動をとることが重要です。

ハザードマップを用いて事前に自宅周辺の危険性を確認し、災害時の避難先や避難ルートを決めておきましょう。

避難マップの作り方

ハザードマップの確認

まず、「くらしの防災ガイド」や「神戸市情報マップ」などのハザードマップを用いて、自宅周辺の状況を確認しましょう。

わが家の避難マップの作成

そして、「避難マップの作り方」を参考に、避難ルートや危険な場所を確認し、避難先や自宅からの避難ルートを記載した「わが家の避難マップ」を作成しましょう。
そして、作成した避難マップを家族で共有し、地域の防災訓練などで活用してみましょう。

出前講座『みんなで学ぶ土砂災害・洪水からの避難』

神戸市では、講師が直接地域へ出向き、避難マップの作り方や土砂災害・洪水の際の避難行動等についてわかりやすく説明する、出前講座『みんなで学ぶ土砂災害・洪水からの避難』を開催しています。

お問い合わせ先

危機管理室計画担当