ホーム > 防災・安全 > 緊急・災害情報 > 避難情報が発令されたら

避難情報が発令されたら

ここから本文です。

避難情報(神戸市が発令)

避難ガイドライン

警戒レベル3:高齢者等避難

① 発令されるタイミング

  • 大雨や台風の接近に伴い、区域内で土砂災害や洪水が発生するおそれがある状況

② 対象者

  • 土砂災害警戒区域・浸水想定区域内(以下、区域内)にいる高齢者、障がい者、乳幼児など、避難に時間のかかる方と、その避難を支援する方

③ 求められる行動

  • 対象者は、避難を開始する。
  • 対象者以外の方は、すぐに避難できるように備える。
  • ハザードマップ等を確認し、身の安全を確保できると判断した場合は、自宅の2階以上の安全な部屋(土砂災害の場合は山と反対側)などの屋内に留まることも可能。

警戒レベル4:避難指示

① 発令されるタイミング

  • 災害が発生するおそれが高まった状況
  • 区域内の危険な場所から避難するべき状況

② 対象者

  • 区域内にいる方全員

③ 求められる行動

  • 危険な場所から避難する。
  • ハザードマップ等を確認し、身の安全を確保できると判断した場合は、自宅の2階以上の安全な部屋(土砂災害の場合は山と反対側)などの屋内に留まることも可能。

警戒レベル5:緊急安全確保

① 発令されるタイミング

  • 災害が発生又は切迫している状況

② 対象者

  • まだ危険な区域にいる方

③ 求められる行動

  • 命を守る最善の行動をとる。
  • 今いる場所よりも相対的に安全である場所へ直ちに移動する。

※警戒レベル1(早期注意情報)及び警戒レベル2(大雨・洪水・高潮注意報)は気象庁が発表します。

避難情報変更

※国が作成した警戒レベルや避難行動に関する広報チラシ等は下記よりダウンロードしてください。

※下記の内閣府ホームページに、多言語(14言語)の「新たな避難情報に関するチラシ」が掲載されています。

関連リンク

〇ひょうご防災ネット
気象情報や避難情報を受信できる、安全・安心情報の電子メールサービス「ひょうご防災ネット」に、ぜひご登録ください。

〇警戒レベルを用いた避難情報の発令
国(内閣府)において、警戒レベルの導入や避難情報の考え方等の経緯に関する説明がされております。

〇気象情報等に関して
気象庁において、気象情報や台風情報に関する説明がされております。

〇「わが家の避難マップ」をつくろう

ハザードマップを用いて事前に自宅周辺の危険性を確認し、災害時の避難先や避難ルートを決めておきましょう。
なお、神戸市では、出前講座『みんなで学ぶ土砂災害・洪水からの避難』を開催しています。ぜひご活用ください。

〇ホテル・旅館などの宿泊施設への避難助成

新型コロナウイルス感染症対策として、災害時の避難者の集中を少しでも避けるため、また、避難することへの不安にお応えするため、妊婦の方等に対してホテル・旅館などの宿泊施設に避難する際の宿泊費を助成しています。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

危機管理室危機対応担当 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所 危機管理センター2階