ホーム > 子育て・教育 > 学校教育 > 高校・高専・大学 > 神戸市立高等学校の概要

神戸市立高等学校の概要

最終更新日:2022年8月10日

ここから本文です。

学校名

学科

特色

六甲アイランド(外部リンク)

全日制普通科

各学年9クラス

〇(令和2年度、3年度入学生)

普通科単位制(7つの系と4つのコース)

社会科学系、国際人文系、総合科学系、芸術系(音楽コース・美術デザインコース)、ビジネス系、情報科学系、人間科学系(生活福祉コース・スポーツコース)

〇(令和4年度入学生)

普通科単位制(6つの系と4つのコース)

人文社会系、総合科学系、芸術系(音楽コース・美術デザインコース)、ビジネス系、情報科学系、人間科学系(生活福祉コース・スポーツコース)

1年次の手厚いキャリア教育「進路プランニング」

〇2、3年次の系・コース選択による個性の伸張

〇進路実現に向けた多様な選択科目と個別時間割

〇スーパー・サイエンス・ハイスクール(SSH)指定校*2011年~(今年度第3期1年目)

〇身近な課題を探究する特色科目「神戸学」

〇「KOBE AL(アドバンスト・ラーニング)ネットワーク事業」共同実施校※神戸市立高校連携事業

葺合(外部リンク)

全日制普通科

各学年7クラス

全日制国際科

各学年2クラス

〇神戸市立高等学校連携事業「KOBE AL(アドバンスト・ラーニング)ネットワーク事業」拠点校*2022年~

〇三菱みらい育成財団助成事業「心のエンジンを駆動させるプログラム」採択*2022年~

〇ワールド・ワイド・ラーニングコンソーシアム構築支援事業(WWL)拠点校*2019年~2021年

〇スーパー・グローバル・ハイスクール(SGH)指定校*2014年~2018年

〇スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール(SEL)指定校*2005年~2007年

〇6人の外国人講師(常勤)とのティームティーチング授業(普通科・国際科とも)

〇4つのCALL教室

〇国際科では英語力の向上だけでなく、世界の問題について学び、解決に向けて考え、発信する授業を展開

〇普通科では、文系・理系・英語系それぞれに希望進路実現に向けての授業を展開

〇夏季海外短期研修など、活発な海外との交流活動

(令和2年度からは主にオンラインで代替活動を実施)

神港橘(外部リンク)

全日制みらい商学科

各学年8クラス

〇商業科目と一般科目の授業を設定し、高い専門性と確かな学力を育成する

〇総合的な学習の時間を中心に系統的な道徳教育を展開し、「人間力」を育成する

〇通年型インターンシップなどを通した課題解決型学習を展開し、「社会的実践力」を育成する

〇1年次は、少人数授業・習熟度別授業・目標別授業を展開し、基礎的・基本的な学力の定着を図る

〇2年次は、「会計類型」「情報類型(システム開発/システム活用)」に分かれ、高い専門性の育成を図る

〇3年次は、多様な選択科目を配置し、希望する進路(進学・就職)の実現を図る

〇地域との協働による高等学校教育改革推進事業アソシエイト指定校*2020年~

〇「KOBE AL(アドバンスト・ラーニング)ネットワーク事業」共同実施校※神戸市立高校連携事業

須磨翔風(外部リンク)

全日制総合学科

各学年7クラス

〇2学期制と週4回(水曜日以外)の7時間授業による授業時数確保

〇希望進路の実現を目指し、自分で作成する時間割(2年次16時間、3年次22時間を多様な選択科目の中から選択)

〇学校設定必修科目「人間関係」、教科「教育」「福祉」等、特色ある授業

〇系統的なキャリア教育の推進

〇受験生サポート講座「翔風Challenge」等による学習支援体制

〇進路実現に向けた少人数授業

〇補習、学び直し、自習室の開放(早朝・放課後・週休日・長期休業中)

〇「KOBE AL(アドバンスト・ラーニング)ネットワーク事業」共同実施校※神戸市立高校連携事業

科学技術(外部リンク)

全日制
機械工学科

各学年3クラス

全日制
電気情報工学科

各学年2クラス

全日制
都市工学科

各学年2クラス

全日制
科学工学科

各学年2クラス

〇工業科(4つの学科で1年生より専門教育の実施)

機械工学科 機械の基礎知識と最先端の技術を学びます。

電気情報工学科 電気・電子・情報系エンジニアを育成します。

都市工学科 まちづくり・建築・土木について学びます。

科学工学科 4年制大学・高専進学を目指す専門学科です。

〇学力、資格取得、企業インターンシップ、キャリア教育に力を入れ、「ものづくり」「部活動」を支援

〇大学・高専への進学に加え、就職内定率100%を維持

〇「未来志向型エンジニア」を目指し、専門的知識と確かな技術の習得、豊かな人間性、地域産業を担う人材の育成を行う

〇防災士養成事業実施校*2018年~(全国高等学校初)

〇GIGAスクール構想BYODによる1人1台端末の導入(2022年度~年次進行)

〇市立工業高校におけるDX時代に適応した職業人材育成事業「KOBE S・M・A・R・T Engineers育成事業」(2022年度~)

〇柔道部、ボクシング部インターハイ出場(2022年度)

〇2足歩行ロボットの格闘技大会「ROBO-ONE」全国2位(2021年度)

〇「KOBE AL(アドバンスト・ラーニング)ネットワーク事業」共同実施校※神戸市立高校連携事業

神戸工科(外部リンク)

夜間定時制

工業技術科(4年制)
各学年3クラス

〇2年次から機械コース、電気コース、ロボティクスコースを選択

〇危険物、情報技術、基礎製図、機械製図、電気工事士、初級CAD、パソコン利用技術、クレーン等多彩な資格取得可

〇電気主任技術者第3種国家試験認定校なので、電気コースを卒業すれば(一定の実務経験を経て)取得可能

〇就職率100%

〇2足歩行ロボット走競技大会で準優勝

〇科学技術高校と併置であり設備も充実

〇少人数かつ基礎基本からの学習で、中学で登校しづらい経験をした生徒も安心して学べる

〇17時30分授業開始で働きながら学べる

〇令和4年度ロボット・FA多目的学習システム・3Dプリンター導入

〇市立工業高校におけるDX時代に適応した職業人材育成事業「KOBE S・M・A・R・T Engineers育成事業」(2022年度~)

〇随時、学校見学会を実施

〇スバル360レストアプロジェクト※神戸市交通局協力

〇「KOBE AL(アドバンスト・ラーニング)ネットワーク事業」共同実施校※神戸市立高校連携事業

摩耶兵庫(外部リンク)

(令和元年度、2年度、3年度入学生)

定時制普通科

昼間部(4年制)

各学年1クラス

夜間部(4年制)

各学年3クラス

(令和4年度入学生)

定時制普通科

昼間部(4年制)

各学年2クラス

夜間部(4年制)

各学年2クラス

〇昼間部(13時10分開始)

〇夜間部(17時35分開始)

〇基礎学力の定着に取り組み、学びに向かう力を育む

〇多様な生徒の個性を引き出し、主体性を育む

〇地域社会と連携し、社会性や協働する力を育む

〇「KOBE AL(アドバンスト・ラーニング)ネットワーク事業」共同実施校※神戸市立高校連携事業

楠(外部リンク)

夜間定時制

普通科(4年制)

各学年2クラス

〇個別懇談や家庭訪問、職場訪問を通して個性に応じたきめ細やかで丁寧な指導の推進

〇全国大会出場を目指す活発な部活動(R4第53回全国高等学校定時制通信制柔道大会出場)

〇文化祭、体育大会、校内生活体験発表会等、多数の学校行事

〇生徒会を中心としたボランティア活動(あいさつ運動、薬物乱用防止の活動等)

〇昼間働く生徒も学びやすい17時30分開始の授業

〇100%に近い就職内定率

〇「KOBE AL(アドバンスト・ラーニング)ネットワーク事業」共同実施校※神戸市立高校連携事業

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

教育委員会事務局学校教育部学校教育課 

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目3-3 神戸ハーバーランドセンタービル ハーバーセンター4階