ホーム > 子育て・教育 > 学校教育 > 高校・高専・大学 > 神戸市立高等学校の教育改革

神戸市立高等学校の教育改革

最終更新日:2021年9月15日

ここから本文です。

神戸市立高等学校は、「神戸市立高等学校の将来を考える」(神戸市教育懇話会)をグランドデザインとして、これまで着実に高等学校教育改革を進めてきました。

1.パイロット・スクールとしての普通科総合選択制高等学校の創造

平成10年(1998年)六甲アイランド高等学校開校(平成17年に普通科単位制へ改編)
⇒神戸商業高等学校・赤塚山高等学校を再編統合

2.神戸らしい国際高等学校の創造

平成13年(2001年)葺合高等学校国際科設置

3.都市型専門教育を実現する高等学校の創造

  • (1)工業高等学校の改革
    • 平成16年(2004年)科学技術高等学校開校⇒御影工業高等学校全日制・神戸工業高等学校を再編統合
    • 平成16年(2004年)神戸工科高等学校開校⇒御影工業高等学校定時制課程・長田工業高等学校を再編統合
  • (2)総合学科高等学校の創造
    • 平成21年(2009年)須磨翔風高等学校開校⇒須磨高等学校・神戸西高等学校を再編統合
  • (3)商業高等学校の改革
    • 平成28年(2016年)神港橘高等学校開校⇒神港高等学校・兵庫商業高等学校を再編統合

4.多様な教育機会を提供するインテリジェント・スクールの創造

平成22年(2010年)摩耶兵庫高等学校(定時制・普通科)昼間部設置

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

教育委員会事務局学校教育部学校教育課 

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目3-3 神戸ハーバーランドセンタービル ハーバーセンター4階