港湾局  海岸防災課

最終更新日:2022年12月28日

ここから本文です。

業務内容

局の防災の総合調整、国際埠頭施設の保安対策、海岸保全区域の占用及び行為の許可、須磨海水浴場の運営、津波高潮対策に係る基本計画及び重要事項の企画、海岸保全施設の整備、老朽化対策など

想定最大規模の高潮による浸水想定区域図の公表

平成27年5月の水防法の一部改正に基づき、兵庫県では、県の全沿岸について想定し得る最大規模の高潮による高潮浸水想定区域図の作成を進めています。神戸市沿岸の高潮浸水想定区域図は、県のホームページで公表されています。

神戸港港湾事業継続計画(神戸港港湾BCP)

神戸港では、大規模災害(感染症のまん延を含む)時における神戸港の港湾機能の回復目標や目標実行のための港湾関係者の役割や対応手順等を明確化した『神戸港港湾事業継続計画(神戸港港湾BCP)』を策定し、大規模災害発生時における港湾の事業継続力の向上を図っています。

臨海部における津波避難ビルマップ

南海トラフ巨大地震に伴う津波からの避難対策の一つとして平成26年度に作成した「臨海部津波避難ビルマップ」を改良しました。防災意識のさらなる高揚や防災力の向上を図るため、改良した「臨海部津波避難ビルマップ」を港湾関係者等へ周知し、港湾エリアにおける津波避難体制の更なる拡充を図ります。

南海トラフ巨大地震に伴う津波対策

神戸市では、昭和39年~40年の台風で甚大な被害を受けたことから、昭和40年度より、本格的に高潮対策事業に着手し、平成27年度に延長59.8kmに及ぶ全ての防潮堤等が完成し、事業が完了しました。
これにより、100年に1回の確率で発生が予想される津波に対しては、高潮対策により整備した防潮堤等で防ぐことが可能となります。
一方、概ね1000年に1回と発生確率は低いものの、発生すれば甚大な被害をもたらす「南海トラフ巨大地震」に伴う津波対策については、避難を中心としたソフト対策に加え、平成27年度より、減災を目標に、防潮堤等を「ねばり強い構造へ補強」するハード対策を進めており、津波による浸水被害の軽減を目指します。

津波対策の内容

  • 上部工補強:津波波力に対して、上部工が壊れにくくするための断面補強など
  • 沈下対策:沈下の抑制(地盤改良)や、予め沈下量を見越した上げ越し
  • 洗掘対策:越流による上部工背後や、護岸前面の引き波による洗掘対策
  • 津波対策工事の実施例(PDF:807KB)

津波対策後の津波浸水想定図の公表

対策前後の津波浸水予測を確認いただけるよう、津波浸水想定図を公表します。

対策前後の津波浸水想定図

防潮鉄扉等の遠隔操作化

発災後、短時間で到達する津波に対し、水門及び防潮鉄扉を迅速・確実に閉鎖するとともに、閉鎖従事者の更なる安全性確保を目的に、防潮鉄扉の遠隔操作化を進めており、令和2年1月より一部運用を開始しています。

南海トラフ巨大地震・津波への備え(危機管理室)

今回作成した(対策後)津波浸水想定図は、現在の科学的知見を基に今後発生が予測される津波から浸水域、浸水深等を一定の前提条件下で想定したものであり、実際の災害では、浸水域が広がる場合や浸水深が深くなる場合があります。
従って、命を守るためには「逃げる」ことが基本であり、状況に応じた適切な避難行動が出来るよう、日頃から十分準備しておく必要があります。
このような南海トラフ巨大地震・津波に対する備えとして、下記を参考にしてください。

神戸港における特定外来生物(ヒアリ等)定着防止に向けた取組み

神戸港内のコンテナヤードでは、特定外来生物が住みつくことを防ぐため舗装の補修及び鋼板設置を行い、ヒアリ等が生息・定着できないようにしています。

hiari_taisaku

「神戸市ヒアリ等対策マニュアル」に基づき、継続的なモニタリング調査や特定外来生物の定着防止策等に取り組むとともに、万が一確認された際にも所管部局が連携して対応することで、市民の安全・安心の確保に全力で取り組んでいます。

神戸市ヒアリ等対策マニュアル第2版(PDF:11,115KB)
神戸市ヒアリ等対策マニュアル第2版附属資料(PDF:9,481KB)

関連ページ
特定外来生物 ヒアリ(火蟻)やアカカミアリについて

須磨海岸のご案内

須磨海岸については、関連リンクの須磨海岸のご案内のホームページをご覧をください。

防災教育(キッズページ)

高潮(たかしお)や津波(つなみ)といった、海(うみ)に関係(かんけい)する災害(さいがい)を子供(こども)むけに説明(せつめい)するページをつくりました。

津波(つなみ)・高潮(たかしお)とは(神戸市HP)



 

お問い合わせ先

港湾局海岸防災課