社会福祉法人の設立、指導監査等について

最終更新日:2022年6月23日

ここから本文です。

社会福祉法人とは

社会福祉法人は、社会福祉法等に定められた社会福祉事業を行うことを目的として設立された法人です。
福祉を担う主体には、他にも学校法人、宗教法人、NPO法人、個人等さまざまなものがありますが、社会福祉法人は社会福祉事業を行うことをサービスの基本とする法人であり、その事業の余剰金は福祉事業に充てられる等の制約がある一方で、公共性が高いため税制面の非課税措置等の一定の優遇措置が認められています。そのため、社会福祉法人は市民に継続的に確実かつ効果的かつ適正に福祉サービスを供給していく責務が求められており、設立にあたっても様々な要件が定められ、運営に当たっても法人は自ら情報を開示し説明責任を果たすなど透明性を確保していくことや、定期的に所轄庁の指導監査を受けることなどが求められています。

社会福祉法人の設立について

神戸市が所轄する社会福祉法人の一覧

社会福祉法人の指導監査

社会福祉法人は、それぞれの設置目的に沿ってサービスの向上に努め利用者に適切な処遇を行うとともに、事業経営の透明性の確保を図り、地域福祉の推進に努めることが求められています。
社会福祉法人の指導監査は、社会福祉法その他関係法令や通知に基づき、法人運営面や会計面の指導監査事項について所轄庁が実地又は書面による調査を行い、必要に応じて指導等を行うことで、法人の適正な運営や経営の確保につなげることを目的としています。

指導監査当日の準備資料

効率的な指導監査のため、指導監査当日には予め監査会場に準備してください。

社会福祉法人指導監査基準

厚⽣労働省が定める指導監査基準をわかりやすく体系的に編集したものです。

指導監査におけるよくある指摘事項

これまで神戸市が実施した指導監査において、社会福祉法人に対して特に指摘の多い事項をまとめました。
改善のポイントも掲載しているので、これらに留意しながら、福祉サービスの向上と地域福祉の推進に努められますようお願いします。

計算書類、現況報告書等の届出

社会福祉法人の定款変更等

神戸市が所轄庁である社会福祉法人がその定款の文言を変更する場合は、事前に定款変更認可申請が必要な場合と、事後に定款変更届出をすれば足りる場合があります。また、定款には所轄庁の承認を必要とすると規定された事項もあります。

社会福祉充実計画

税額控除対象となる社会福祉法人の証明

各種様式

社会福祉法人関係法令・通知

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

福祉局監査指導部 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館6階