ホーム > くらし・手続き > 年金・保険 > 国民健康保険 > 出産育児一時金について

出産育児一時金について

最終更新日:2022年9月22日

ここから本文です。

出産育児一時金の支給

国民健康保険の加入者が出産したとき、出産育児一時金として42万円(産科医療補償制度に加入していない医療機関等で出産した場合は40万8千円(令和3年12月31日以前の出産は40万4千円))が支給されます。妊娠85日以降であれば流産・死産の場合にも支給されます。
※勤務先の健康保険等の被保険者期間が資格喪失日の前日まで継続して1年以上ある方が、資格喪失日から6か月以内に出産した場合は、勤務先の健康保険等に出産育児一時金を申請することが可能です。この場合、国保の出産育児一時金は受給できません。また、国保で出産育児一時金を受給した場合、健康保険等からは受給できません。(健康保険等には付加給付がある場合もあります。)
※医療機関での窓口負担を減らすことができる「直接支払制度」があります。
※出産日の翌日から2年を過ぎると支給されません。

申請の手続きについて

出産育児一時金の医療機関等への「直接支払制度」

制度の内容

医療機関と直接支払制度の利用に合意した被保険者について、出産育児一時金の範囲で、実際に出産にかかった費用を国民健康保険から直接医療機関等に支払います。この制度を利用すれば、高額な出産費用をあらかじめ準備する必要がありません。ただし、出産育児一時金の支給金額を超えた分は、自費でお支払いください。

※「助産制度」を利用する方、海外で出産された方はこの制度を利用できません。

制度の利用手続きについて

出産前

(1)分娩する医療機関等の窓口にて保険証を提示のうえ、直接支払の申請・受取にかかる代理契約を医療機関等と結んでください。

出産後

(2)出産費用が42万円を超える場合、超えた分の出産費用については医療機関等に支払いを行ってください。出産費用が42万円に満たない場合、医療機関等での出産費用の支払いはありません。(※「産科医療補償制度」に加入していない医療機関等で出産の場合は40万8千円(令和3年12月31日以前の出産は40万4千円)です。)
(3)出産費用が出産育児一時金の支給額を下回った場合には、差額支給の申請を住所地の区役所・支所の国保年金係で行ってください。

出産育児一時金受取代理制度

制度の内容

直接支払制度を利用できない場合で出産費用の一時的な負担が難しい場合、受取代理制度を利用できる場合があります。この制度は、出産育児一時金(出産費用の範囲内)を医療機関等が世帯主に代わって受け取ることにより医療機関等の窓口での出産費用の負担を軽減するものです。
なお、この制度を利用するには、世帯主が医療機関などで同意を得て、事前に申請する必要があります。

制度を利用できる方

神戸市国民健康保険から、出産育児一時金の支給が見込まれる世帯で、出産予定の被保険者が次の(1)・(2)に該当する方。

  • (1)出産予定日まで2カ月以内であること。
  • (2)受取代理について医療機関等の同意を得ることが可能であること。

お問い合わせ先

福祉局国保年金医療課