景観形成助成

最終更新日:2022年7月1日

ここから本文です。

良好な都市景観の形成に貢献する建築物、外構、屋外広告物の整備などを行う場合に、整備費等の一部を助成します。

助成の要件

次のいずれかの要件を満たす行為に対して助成します。

  1. 景観法第19条第1項に規定する景観重要建造物について、神戸市都市景観条例(以下「条例」といいます。)第28条第2項の規定による管理計画又は条例第37条第1項の規定による保存活用計画に基づき行われる外観等の維持、修理に要する行為
  2. 条例第31条第1項に規定する神戸市指定景観資源について、条例第32条第1項の規定による管理計画又は条例第37条第1項の規定による保存活用計画に基づき行われる外観等の維持、修理に要する行為
  3. 条例第6条第3項に規定する重点地域等の区域内で行われるものであって、景観計画に定める良好な景観の形成のための行為の制限に関する事項又は屋外広告物の表示及び屋外広告物を掲出する物件の設置に関する行為の制限に関する事項に適合し、すぐれた都市景観の形成のための努力が特に認められるもの
  4. 条例第44条第2項の規定により市長が認定した景観形成市民協定の区域内で行われるものであって、当該景観形成市民協定に定める都市景観の形成に必要な基準に適合し、すぐれた都市景観の形成のための努力が特に認められるもの
  5. その他、市長がすぐれた都市景観の形成のために特に必要と認めるもの

助成対象行為・助成金の額

【助成の要件1~2に該当するもの】
助成対象行為
助成対象経費
助成率
限度額
適切な保全管理に必要と認められる行為 設計、工事等に要する経費
2分の1
以下
500
万円
地域活動拠点等の地域活性化に資する用途に活用するための改修に要する行為で必要と認められるもの
3分の1
以下
500
万円

【助成の要件3~5に該当するもの
助成対象行為
助成対象経費 助成率 限度額
建築物等
修景助成
建築物等の外観意匠の高質化に関する行為
  1. 設計、工事等に要する経費
  2. ライトアップ設備の電気代など助成対象行為の効果を発揮するために必要不可欠な運用にかかる経費(ただし、最大3年間を限度とする)
3分の1
以下
 
ただし、不特定多数の人が自由に利用できる広場や通路、施設など、公共的な性格をもつ空間(公共的空間)の整備については2分の1以下
250
万円
外構
修景助成
案内サイン、モニュメント、ライトアップ整備など屋外空間の高質な修景に関する行為
広告物等
修景助成
広告物又は広告物を表示する物件の移転、撤去のうち、外観意匠の整理、高質化に関する行為で大規模なもの
100
万円
広告物の表示、移転、撤去若しくは内容の変更、又は広告物を表示する物件の設置、改造、移転、撤去、修繕若しくは色彩の変更のうち、外観意匠の整理、高質化に関する行為
10
万円

今年度実施するもの(屋外広告物のみ対象)

  • 事前に市にご相談ください。
  • 内容を審査のうえ、助成の可否を判断したのち、申請を行っていただきます。
  • 当該年度の予算の範囲を超えた場合は、助成できません。

来年度実施するもの(事前エントリー)

  • 来年度に工事を予定されている方を対象に助成対象事業を募集します。

募集期間 ※今年度の募集は終了しました。

令和4年5月9日(月曜)~令和4年6月30日(木曜)

申込み方法

市と事前相談の上、エントリーシートに必要事項を記入し、提出してください。(図面等必要)
(エントリーシートは募集案内の中にあります。)

注意事項

  • この募集(事前エントリー)は、予算要求にあたり景観形成の向上に向けた対象物件を選定するためのものです。
  • 募集期間終了後、神戸市において審査を行います。審査結果については、助成を実施する年度になってからお知らせします。
  • 選定された場合、改めて助成申請が必要となります。
  • 助成申請後、景観形成の向上に向けた優先度等を勘案し、助成の正式な可否、助成額を決定します。

助成金交付要綱

問合せ先

都市局景観政策課
電話 078-595-6724

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

都市局景観政策課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル6階

電話 078-595-6724