発達障害の相談窓口

最終更新日:2023年9月19日

ここから本文です。

子どもの発達が気になるときは気軽に相談を

子どもはみんな、それぞれ違った個性をもっています。でも、保護者としては「こんな時はどうしたらいいのかな・・・」と不安になることがあるかもしれません。そんな時は一人で思い悩まずに、身近な相談窓口に気軽に相談してみましょう。

子どもの発達に関する相談

 思春期・青年期発達支援事業

「学校生活が上手くいかない」「コミュニケーションが苦手」「将来のことで悩んでいる」等の悩みのある思春期年齢の方と、その保護者への支援事業です。

【対象者】神戸市にお住まいの概ね13~18歳(高校卒業者を除く)の方とその保護者
【実施場所】神戸市中央区橘通3-4-1 神戸市総合福祉センター3階
【利用料】無料
【連絡先】神戸市発達障害者支援センター
 〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館5階
  福祉局障害福祉課内
 電話番号 078-322-5164
 受付時間 月曜~金曜 8時45分~17時30分(年末年始、祝祭日を除く)
 

思春期発達相談室 あっとらんど

臨床心理士が面談により、本人や保護者の方の相談を受けています。
【利用方法】電話で相談内容を伺い、面談の予約日を確定します。
【実施日時】第2・第4火曜 13時00分~16時00分
 第2・第4土曜 12時30分~15時30分 お一人50分程度

Be・ユース

対象者本人に対して個別に作業療法士がサポートして、各自の特徴と向き合いながら具体的な目標を立て、その目標に向かって様々な活動を行います。
【利用方法】臨床心理士との面談で希望を伺い、必要に応じておつなぎしますので、
   まずは電話で相談してください。
 ※障害者手帳をお持ちの方、すでに福祉サービスを受けている方は対象外となります。
【実施日時】第2・第4土曜 13時00分~16時00分 お一人40分程度
 

 15歳以上(中学卒業後)の方の相談窓口

相談窓口

 お住まいにより相談する窓口が決まっています。下表で確認のうえお問い合わせください。

 相談はそれぞれの相談窓口へ 相談窓口案内チラシ(PDF:856KB)
名称 対象地域 所在地・連絡先 窓口開設日時
発達障害者東部相談窓口(外部リンク) 東灘
神戸市灘区岩屋北町6-1-4
東部在宅障害者福祉センター内1階
TEL:078-882-0010
FAX:078-882-7014
火曜~土曜
9時00分~17時30分
(祝休日、年末年始は除く)
発達障害者中部相談窓口(外部リンク) 中央
兵庫
長田
須磨
神戸市兵庫区駅南通5-1-1
中部在宅障害者福祉センター内2階
TEL:078-672-6497
FAX:078-686-1732
火曜~土曜
9時00分~17時30分
(祝休日、年末年始は除く)
発達障害者西部相談窓口(外部リンク) 垂水
西
神戸市垂水区日向2-2-4垂水日向ビル3階
TEL:078-708-6078
FAX:078-704-4040
月曜~金曜
9時00分~17時30分
(祝休日、年末年始は除く)
発達障害者北部相談窓口(外部リンク) 神戸市北区谷上東町8-21
シャトーノールデューII 1階
TEL:078-907-6117
FAX:078-582-4432
月曜~金曜
9時00分~17時30分
(祝休日、年末年始は除く)

利用できる方

 神戸市内にお住まいの15歳以上(中学卒業後)の発達障害の方とその家族の方。
 支援をしている関係機関や雇用している企業の方など。(診断の有無は問いません)

相談内容

 下記のような相談を受付しています。
 なお、医療機関の紹介、就職先の紹介・斡旋は行っておりません。

【本人や家族から】
 発達障害ではないかと気になります。
 発達障害のことを詳しく知りたい。
 就労のことで相談できる場所を教えてほしい。
 発達障害者が利用できる福祉サービスを知りたい。

【関係機関・企業から】
 雇用する前、雇用した後でどのように対応すれば本人が働きやすくなるか知りたい。
 発達障害のことを詳しく知りたい。 

利用方法

 事前予約が必要です。まずはお電話かFAXで管轄の相談窓口へ予約してください。
 相談にかかる費用は無料です。

相談の流れ

1.予約
 管轄の相談窓口を確認のうえ、電話かFAXで予約してください。
 予約の際は、お住まいの区、対象者の年齢、相談したい内容(簡潔に)などをお聞きします。
 なお、お住まいや年齢、相談内容により、別の機関を案内することがありますのであらかじめご了承ください。

2.相談
【電話相談】 1回につき原則30分までです。
【面接相談】 1回につき原則1時間までです。

 居場所づくり

 身近な場所で発達障害の方がほっとできる居場所を提供します。居場所プログラムをとおして、就労や生活技術のスキルアップを目指します。
 居場所のプログラムに参加するには、相談窓口からの紹介が必要です。

 開催日時

 月3回、2時間程度開催している居場所が1ヶ所と毎日開催している居場所が1ヶ所あります。
 内容や日時は居場所ごとに違います。詳しいことは相談窓口で案内しています。

名称
ヒュッゲ(外部リンク)(月3回)
(思春期・青年期発達障害者居場所)
ゆめののつどい(外部リンク)(毎日)
(障害者地域活動支援センター(発達型))

お問い合わせ先

福祉局障害福祉課