子どもの発達に関する相談

最終更新日:2022年11月9日

ここから本文です。

子どもの発達が気になるときには気軽に相談を

子どもはみんな、それぞれ違った個性をもっています。でも、保護者としては「こんな時はどうしたらいいのかな・・・」と不安になることがあるかもしれません。そんな時は一人で思い悩まずに、身近な相談窓口に気軽に相談してみましょう。

相談先を探すswallow_02

相談したい内容からさがすalbatross_01

fingerご自身の目的に合った相談窓口を探すのにご活用ください。


hatena 子どもの成長や発達・育児等、子どもと保護者の心と身体の健康などに関する相談をしたい。
finger区役所保健福祉部保健福祉課(保健担当)
hatena 子どもの状況を知りたい。
finger (発達検査を受けたい時)こども家庭センター
  (医師の診察を受けたい時)医療機関(病院・診療所)療育センター
hatena 手帳(身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳)の交付手続きをしたい。
finger区役所保健福祉部保健福祉課(障害福祉担当)
         制度概要:手帳の交付
hatena 通所支援サービス(児童発達支援〔就学前〕、放課後等デイサービス、保育所等訪問支援)を利用したい。
finger区役所保健福祉部保健福祉課(障害福祉担当)
         制度概要:障害児通所支援事業のてびき
hatena 障害児に対する手当(特別児童扶養手当、障害児福祉手当、重度心身障害児者介護手当)を受給したい。
finger区役所保健福祉部保健福祉課(障害福祉担当)
         制度概要:手当等
hatena 補装具・日常生活用具の購入・修理費用を支給してほしい
finger区役所保健福祉部保健福祉課(障害福祉担当)
         制度概要:補装具の支給(購入・修理)日常生活用具費の支給
hatena 交通機関の利用支援(福祉乗車証、タクシー利用助成、リフト付福祉バスの利用)を受けたい。
finger区役所保健福祉部保健福祉課(障害福祉担当)
         制度概要:交通費などの支援
hatena 医療費の助成を受けたい。
finger(自立支援医療(育成医療・精神通院医療)、小児慢性特定疾病医療費助成、未熟児養育医療給付、特定医療費助成(指定難病))区役所保健福祉部保健福祉課(保健担当)
         制度概要:医療費の支援
hatena 障害児保育(すこやか保育)について教えてほしい。
finger区役所保健福祉部保健福祉課(こども福祉担当)
hatena 福祉サービスの利用について教えてほしい。
finger障害者相談支援センター障害児相談支援事業所
         制度概要:福祉サービス
hatena サービス等利用計画の作成支援をして欲しい。
finger障害者相談支援センター障害児相談支援事業所
hatena 障害児施設に入所したい(入所支援サービスを利用したい)。
fingerこども家庭センター
hatena 特別支援学校や特別支援学級について知りたい。
finger特別支援教育相談センター
hatena 通級指導教室を利用したい。
finger 在籍している学校や幼稚園等へご相談ください。
hatena 発達がゆっくりな子ども同士や保護者同士で交流したい。
finger児童館(J-café)こべっこランド(療育指導事業)(外部リンク)

相談窓口の概要bluebird_01

区役所・支所

各区役所の保健福祉課では、子どもの発達や育児などに関する相談や、障害福祉サービス利用などに関する相談に応じています。
▶区役所など所在地一覧はこちら

こども家庭センター

こども家庭センターの障害相談部門では、心身に障害のある児童の専門的な療育相談や施設入所に関する相談などに応じています。
▶神戸市こども家庭センターについてはこちら

療育センター

療育センターでは、子どもの障害についての相談、障害児の訓練・通園療育などに関する相談に応じています。
▶療育センターについてはこちら

障害者相談支援センター

障害者相談支援センターでは、障害児(者)が、地域で生活するために必要な障害サービスや利用方法、日常生活などに関する相談に応じています。
▶障害者相談支援センターについてはこちら
 

障害児相談支援事業所

障害児通所サービス(児童発達支援・放課後等デイサービス等)の利用などに関する相談に応じています。
▶計画相談支援(サービス等利用計画作成)
※下記のリンクでは、事業所一覧や事業所検索がご覧いただけます。
▶障害者福祉のあらまし
▶障害福祉サービス等情報検索/WAM NET(外部リンク)

 特別支援教育相談センター

特別な教育的支援を必要とする子どもについて、就園・就学・進路などに関する相談に応じています。
▶特別支援教育に関する相談について

児童館(J-café)

拠点児童館では、発達のゆっくりな子ども(乳幼児)とその保護者のための居場所として「Jidoukan-café」を実施しています。
▶児童館/ラブ・リングこうべ(外部リンク)

こべっこランド(療育指導事業)

発達がゆっくりな子どもへの支援や、講座や専門研修などを通して、子育て中の親や保育・療育の現場で支援に携わる方をサポートします。
▶療育指導事業/こべっこランド(外部リンク)

発達障害者相談窓口

神戸市内にお住いの15歳以上の発達障害者とそのご家族の方、また、それらの方を支援している関係機関や雇用している会社の方などからの日常生活や仕事などに関する様々な相談に応じ、情報提供を行います。
▶相談窓口などのご案内

思春期発達相談室 あっとらんど

「学校生活が上手くいかない」「コミュニケーションが苦手」「将来のことで悩んでいる」等の悩みのある思春期年齢の方とその保護者への支援事業として、臨床心理士が面談により、ご本人や保護者の方の相談をお受けします。
▶相談窓口などのご案内
 

⼀覧(役割別・機能別)からさがす cockatiel_02

下記の各画像はクリックすると拡大します。

役割別相談支援機関一覧

20220506_yakuwaribersu(PDF:557KB)

機能別相談支援機関一覧

20220506_kinoubersu(PDF:410KB)

図全体の説明

number01 それぞれの機関を機能別に分類しています。
number02 法律等による機関名と固有の機関名が混在しています。
number03 それぞれの事業所ごとに、対応可能範囲や得意分野が異なりますが、図には反映できていません。
number04 図では、下にあるほど専門的な相談ができることを示しています。
 専門相談支援機関は、相談の待機が長くなる傾向があります。
number05 相談のきっかけ、入口は個々の子どもや家庭の状況によって異なり、必ずしも図の上から下へ流れるものではありません。

年齢別支援制度一覧duck_01

下記の画像はクリックすると拡大します。
hattatsu_ichiranhyo(PDF:892KB)
 


障害のある子ども・医療的ケアが必要な子どもの支援ハンドブック

主に乳幼児期から学齢期(0歳から17歳)までの障害のあるお子さんや医療的ケアが必要なお子さんと、その保護者・支援関係者の方のための相談窓口や支援制度をご紹介しています。
詳しくは、下記の画像をクリックしてください。
handbook-top

お問い合わせ先

こども家庭局家庭支援課