ホーム > 子育て > 相談・窓口・施設 > DV(配偶者等からの暴力)対策

DV(配偶者等からの暴力)対策

最終更新日:2024年2月21日

ここから本文です。

神戸市では、DV(配偶者等からの暴力)の根絶をめざして、さまざまな取り組みを行っています。
このホームページは、神戸市のDV防止対策のあらましを知っていただき、DV被害者に寄り添い支援をしていくとともに、DVの予防啓発を推進するために作成しています。


神戸市配偶者暴力相談支援センターでは、電話相談・面接相談を行っています。
夜間に相談される場合は、内閣府が開設している「DV相談+(プラス)」をご利用ください。

ひとりで悩まず、ご相談ください。

 

 

神戸市配偶者暴力相談支援センター

内閣府のホームページを案内しています

DV相談+(プラス)(外部リンク)

受付日

毎日
(12月28日~1月4日を除く)

 

24時間受付

受付時間

9時~17時

電話番号

078-382-0037
0120-279-889

(内閣府)

児童虐待・DVの防止啓発

児童虐待とDV(ドメスティック・バイオレンス)は密接に関係しており、家庭内で児童虐待とDVが同時に起きている場合があります。
また、子どもがDVを見聞きすることは面前DVとして、児童虐待の1つにも当たります。
神戸市では、児童虐待とDVの防止を啓発するリーフレットや動画を制作しました。
DV・児童虐待予防啓発リーフレット(PDF:12,424KB)
(画像をクリックすると児童虐待・DVの防止啓発リーフレットをご覧いただけます。)
 

本編

30秒版

お問い合わせ先

こども家庭局家庭支援課