姉妹都市:リオ・デ・ジャネイロ

最終更新日:2022年4月1日

ここから本文です。

リオ・デ・ジャネイロ(ブラジル)

都市データ

人口

6,775,561人(2021年現在)

面積

1,221平方キロメートル

主要産業

冶金、石油化学、製紙、紡織、食料・飲料、製造業

ホームページ

http://www.rio.rj.gov.br

リオ・デ・ジャネイロのホームページ(外部リンク)

交流のあゆみ

姉妹都市提携

1969年5月19日

これまでの交流活動

2019年

姉妹都市提携50周年を記念し、各種記念事業を行った。

  • 海外移住と文化の交流センターにて垂れ幕を設置した。
  • ブラジルのテレビ局「グローボ社」が姉妹都市提携50周年を記念して来神。海外移住と文化の交流センターや相楽園など市内施設を取材。令和元年9月にブラジル国内で神戸特集が放送された。
  • 日伯協会・神戸ブラジル協会チームが第49回神戸まつりのパレードに参加。
  • 日伯協会と共催で、神戸文化ホールにおいて、神戸出身でリオ・デ・ジャネイロ在住のフルート奏者熊本尚美氏、及びヴォーカリストMAKOらによる「ブラジル音楽祭in KOBE」を開催した。また前日には、ブラジル音楽を体験するワークショップを日伯協会主催で開催した。
  • 日伯協会と共催で「リオと言えばカーニバルでしょ!!」を開催した。

2014年

姉妹都市提携45周年を記念し、海外移住と文化の交流センターで各種記念事業を行った。

  • 「“麗しき都市”リオデジャネイロ展」の開催

 「ブラジル経済セミナー」の開催

  • 「熊本尚美 ショーロ・コンサート」の開催

2009年

姉妹都市提携40周年記念事業に出席するため、カルロス・アルベルト副市長の来神予定が、直前に神戸市内で発生した新型インフルエンザの影響により中止。

海外移住と文化の交流センター開館記念特別展示として、姉妹都市提携40周年記念リオ・デ・ジャネイロ紹介展を開催した。

2016年のオリンピック開催地決定に際し、矢田市長よりエドアルド・パエス市長にお祝いのメッセージを送付した。

2008年

神戸市で開催されたブラジル移住100周年記念式典をはじめとする記念行事に、リオ・デ・ジャネイロの日系人団体等が多数参加した。

2004年

姉妹都市提携35周年を記念して松下助役ほかがリオを訪問し、「神戸写真展」の開会式に出席した。

1999年

姉妹都市提携30周年を記念して前野助役ほかがリオを訪問し、「神戸写真展」の開会式に出席した。

1992年

笹山市長が「環境と開発に関する国連会議(地球サミット)」の一環としてリオで開催された「ジャパンデー」に参加し、神戸のまちづくりと環境保全について報告を行った。

1988年

神戸女声合唱連合がブラジル移民80周年記念コンサートツアーでリオを訪問し、公演を行った。

1981年

ポートピア’81にリオのサンバチーム「ポルティーラ」が参加。

1976年

リオ近代美術館で「リオ・神戸児童画展」を約1ヶ月にわたり開催。

1972年

神戸で「南米移住展」・「太陽の国ブラジル博」を開催。

その他

1996年より2000年まで、リオ市友好サンバチームが神戸まつりに参加した。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

市長室国際部国際課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階