2-4-1 税関線・三宮駅前沿道景観形成地区

最終更新日:2022年6月8日

ここから本文です。

沿革

  • 1981(昭和56)年6月30日 神戸市都市景観条例に基づく都市景観形成地域として指定
  • 2006(平成18)年2月1日 景観法に基づく景観計画区域に移行/同日施行
  • 2010(平成22)年3月30日 景観計画変更/同年7月1日施行
  • 2021(令和3)年12月23日 景観計画変更/2022(令和4)年4月1日施行

景観形成方針、景観形成基準

神戸市景観計画の「地域・地区別の景観計画」として定めています。
税関線・三宮駅前沿道景観形成地区は、下記の眺望景観形成地域にも該当します。

景観計画区域における行為の届出(建築物・工作物等)

建築物の建築等、工作物の建設等、木竹の伐採で、地域・地区ごとに定められた届出対象行為に該当するものについては、あらかじめ届出が必要です。
詳しくは、景観計画区域における行為の届出のページをご確認ください。

届出の際は、下記のチェックリストを添付してください。
 

景観計画区域における屋外広告物に関する手続き

景観計画に定められた屋外広告物の表示等に関する制限が神戸市屋外広告物条例に基づく許可基準となります。
詳しくは、景観計画区域における屋外広告物に関する手続きのページをご覧ください。

許可申請の際は、下記のチェックリストを添付してください。

神戸三宮「えき≈まち空間」・税関線
景観デザインコード

三宮駅前の「えき≈まち空間」及び神戸のシンボルロードである「税関線」を対象に、公共空間と沿道建築空間が一体となった魅力的な景観づくりを進めるため、公共空間の整備に向けた計画や、周辺の建築空間のあり方(配置、ボリューム、意匠、色彩、外構等)を視覚的に分かりやすくまとめております。
ご計画の際には、景観デザインコード「4章」に掲げているガイドラインの内容につきましても、ご配慮ください。

神戸三宮「えき≈まち空間」・税関線景観デザインコードについて

地区計画

税関線沿道・三宮駅前沿道景観形成地区の一部では、都市計画法に基づく下記の「地区計画」も定めています。
建築物の建築等、工作物の建設等を行う場合は、都市計画法に基づく届出も必要となります。
 

景観まちづくり(市民主体による景観形成)

神戸らしい魅力ある都市景観の形成を図る上で、市民のみなさんの主体的な参加と協力は不可欠です。
神戸市では、市民による自主的な景観づくりへの取り組みを支援しています。
税関線・三宮駅前景観形成地区内では、下記の取り組みをされていますので、必要な協議等をお願いします。
(それぞれ、地区内の一部エリアが該当します。)

景観形成市民協定(条例に基づく認定)

その他の自主ルール等

問い合わせ先

都市局景観政策課(税関線・三宮駅前沿道景観形成地区担当)
電話 078-595-6725

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

都市局景観政策課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル6階

電話 078-595-6725