既存地下工作物の取扱いについて

最終更新日:2022年12月9日

ここから本文です。

  • 建物等の撤去を伴う工事で、地下工作物(既存杭、地下躯体、山留め壁など)が不用となった場合は、撤去して産業廃棄物として処理しなくてはなりません。地下に埋設したまま放置することは不法投棄にあたります。
  • 地下工作物が有用物であったり、撤去すると周辺環境に悪影響がある場合の考え方については、「既存地下工作物の取扱いに関するガイドライン」を参考にして、適切に取り扱ってください。

「既存地下工作物の取扱いに関するガイドライン」(外部リンク)

【通知】地下工作物の取扱いについて(PDF:157KB)

お問合せ先

  • 環境局環境保全課
  • 神戸市中央区磯上通7丁目1番5号三宮プラザEAST2階
  • 電話:078-595-6190

 

お問い合わせ先

環境局環境保全課